« タッチしてしまった(2) | トップページ | 東北大地震 »

2008年5月28日 (水)

タッチしてしまった(1)

 5月の夏日。室内の大改装の為、本棚を整理していたら、T中学校時代の校内新聞が出てきた。昭和○○年3月3日(金)。ガリ版刷りだ。古い紙差しに一枚だけ挟まっていた。良くも残っていたものだ。A3大で茶褐色に変色、丁寧に扱わないとボロボロ切れそうだ。
 大見出しが”体育部座談会”だ。出席者は教師を含めて24人。水泳部からは私とF君と2名出席。彼とは遠方地のため年賀状の交換ぐらいだが、今でも付き合っている。先生もハッキリ記憶に蘇ってきた。顔かたちも目に浮かんできた。編集長はA君だ。彼は体が大きく、力があった。頭脳明晰で、何やってもそつなく上手く処理し、尊敬していた。彼には勝てないな、と常日頃から思っていた。排球部(バレ-ボール部)の主将だった。記者はM君で、女性問題では親身励まして呉れた親友で、時折付き合っている。
 小見出しは、「練習第一」「用具は充分か」「チームワークについて」「応援多数だと上がる」「体の大きいのは運動に不向き」「会費は卓球部のみ」。この中で私は一言だけ発言していた。下級生が三年生の卒業後、現在のレベルを保てると思いますか、の質問に”水泳部はダメ”とあっさり切り捨てている。(水泳部は夏だけの為、排球部にも所属していた)どの試合も3位ぐらいしかとれないでいた癖に生意気ぶっている。他校の韓国の選手だった金君の後頭部を何時も追いながら見ていた。お陰で県大会に出られなかった悔しい想いがある。
 「応援多数だと上がる」では、野球なんか応援が多いのではないですか、の質問に野球部部員は”ホームグランドでやるときは凄い位です。でもあまりやられると上がってしまいます。なかなか上手には行かない。”これに対してA主将は”バレーには一人もきません。”等と言った件が面白い。また、水泳部の練習は?の問いかけに、F君”なにしろ当部は夏という短い期間しか無いので出来なかった。先生の協力がぜひともほしい”F、K両先生”少しはしたよ”-一同笑声-。試合の方は方はどうでしたか?F君”初めは良かったがラストで失敗した。M中学は選手も多い。”事実、母校では2000人もの学生がいたが、水泳部の所属選手は10人足らずだった。

|

« タッチしてしまった(2) | トップページ | 東北大地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タッチしてしまった(1):

« タッチしてしまった(2) | トップページ | 東北大地震 »