« 私をまだ愛していますか(四の二) | トップページ | タッチしてしまった(3) »

2007年10月13日 (土)

私をまだ愛していますか(四の一)

葬儀案内状
 
柳澤健太郎が郵便受けから夕刊を取りだしたとき、一通の封書が足下に落ちた。拾い上げてみると、速達の葬儀案内状だった。誰だろう?と訝りながら見ると、「河合 裕恵」とあった。「えっ!」と絶句した。急いで書斎に入り、机上に案内状を置くなり、バスルームに急いだ。ジムから戻ったばかりの体には、汗がべっとり纏わり付いていたジムで温水シャワーを浴びてきたのに、自宅までの自転車でまた汗だ。冷却器を通ってくる冷水でシャワーを浴びた。爽快感が顔から全身にさっと広がり、生きている実感が沸く瞬間だった。仰向いた顔に冷水を浴びながら目を瞑り、「河合」の面影を追った。”そうか、彼奴死んだのか”
 グアムで買ってきたモスグリーンの厚手のタオルで体を拭きながら、書斎へ戻った。エアコンのスイッチを26度に設定し、椅子に腰を下ろした。
 「河合徳之儀 かねてより病気療養中の所、2月23日午前6時35分、神原病院にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深く謝し、謹んでご通知申し上げます。

                     記

 1.通夜 2月24日(土)午後8時~10時 2.告別式 2月25日(日)午後2時~4時 3.場所 天花葬儀場 井の沢線福田駅下車 徒歩5分 駐車場完備 
なお、誠に勝手ながら、ご供花・ご供物の儀は、堅くご辞退申し上げます。悪しからずご了承の程お願い申し上げます。
 奥津野市御蔵中町3-1-5 平成19年2月23日 喪主 河合 裕恵」
               
告別式
 柳澤は、告別式の開始時間より1時間半ほど早く着いた。大きな駐車場は、ほぼ満杯だった。受付で「この度はご愁傷さまです。御霊前にお供え下さい」と通り一遍の挨拶をし、香典を置き記帳を済ませると休憩室に入った。既に故人に縁の人々が大勢詰めかけていた。河合は定年退職後、5年ほどで亡くなっているので、会社関係者も可成りいた。柳澤の知り合いも弱冠いたが、目で挨拶する程度で、親しげに近くによって話をすることもなかった。在職時は部長だったが、退めてから付き合いをしないように心がけてきた結果のような気がする。「これで良いのだ。」と思った。
 河合とは同じ情報開発部に属し、幾多の最新鋭のプロジェクトを手がけた。中でも半導体自動製造装置の開発では、彼無くしては立ち上げることが出来なかった。兎に角優秀な人材で、彼を部下に持つことが出来て真実良かったと、今でもそう思っている。
 休憩所は、談笑したり、大声で笑い合ったり、元気だったか、など遠くから声を掛け合ったり、賑やかだった。静かに慎ましく、笑みを浮かべながら、女性達も談笑の群に混じっていた。喪服を着るとどの女性も、体の線がしなやかにスーと伸びて綺麗に見えた。
 一人渋茶をすすっていると、やがて係員の声がして、葬儀場へ移動するようにと促された。葬儀場は、間口3間半仕様の花祭壇で、豪華の中にも清楚に設えられ、季節の花がふんだんに奉られていた。祭壇際には親族の席が設けられ、祭壇に向かって参列者の椅子がびっしり並んでいた。ここだけで150人位はゆうに収納できるスペースがあった。入りきれない参列者のため、階下に別室が割り当てられ、大画面にテレビ中継で会場の様子が見られるようになっていた。
 最前列に近い席に座り、紫の数珠を手にしてお経を聴きながら、遺影を眺めていた。もう彼と別れてから何年になるだろうか、ロマンスグレーと縁なし眼鏡がよく似合うハンサムな男が半身に構え、少しはにかんだ顔つきをしていた。正面を見ている彼の目に触れると、少し後ろめたさを感じた。
 親族に目をやったとき、偶然にも河合夫人と目があった。はっとした様子だったが、会釈すると直ぐに神妙な顔つきに戻り、ハンカチを目頭に当てて顔を伏せた。しかし、明らかに動揺した様子が、横顔に現れているのをみた。柳澤にしか解らない陰だった。
 長い読経が終わり、やがて会葬者が係員に誘導されながら、順次お焼香を始めた。縁故者に一礼し、お焼香が終わると、もう一度縁故者に一礼して下がった。河合夫人に黙礼すると、ちらっと目をあけ、ついで深々と頭を下げた。こんな近くで彼女を見たのは、そう、定年退職前に会社を辞して以来、10年振りだろうか。あの時に比べ、容貌の綺麗さは、凄みを増しているように思えた。解れ髪一本乱すことなく、キリッと髪を整えている様が、心の張りを強く表現しているようだった。
 一通りお焼香が済み、読経のなか親族から手渡された一輪の花を遺体の周辺に供えた。頭部分に河合夫人がうな垂れ細く震えながらじっと佇んでいる。両の手をグッと握りしめ、悲しみに耐えている様子に胸が締め付けられる思いがして痛ましかった。家内が亡くなったとき、河合夫婦が参列してくれた時のことが、今、ハッキリ思い出された。顔がやっと見えるほど遺骸の周辺に花が供えられた。”それでは”と係員がおもむろに柩の蓋を閉じ、何人かの家族の手によって柩に最後の釘が打たれ、覗き窓が閉められると、しきりと周辺で嗚咽がわきあがった。(1/4)

|

« 私をまだ愛していますか(四の二) | トップページ | タッチしてしまった(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私をまだ愛していますか(四の一):

« 私をまだ愛していますか(四の二) | トップページ | タッチしてしまった(3) »