« チッタ歯科医院-2 | トップページ | クリーニング屋、猿男そして子供 »

2006年11月24日 (金)

チッタ歯科医院-1

歯が痛い
 「困ったなぁ」とヤイバシムは、顔をしかめた。歯がまた痛み出したのである。「困ったなぁ」と思ったのは、痛み出した歯のことだけではない。あのときの光景が再びよみがえったのである。それまで、歯医者にかからなかったことが、ヤイバシムの自慢の種もであった。人がうらやましがるのが、内心少しばかり得意でもあった。Photo_13 食事の後はもちろんのこと、風呂にはいると必ず磨いていたし、外で食事をしても気づかれないように磨いている。
 彼は歯を丈夫にする決め手は、食事にあると考えている。なによりもカルシュウムを沢山含んだ野菜を欠かさずとっているし、牛乳も出来るだけ多く飲むように心がけている。人に秘訣を聞かれても、食事のことをいちいち説明するのも面倒なので、「まあ、根気よく磨くことでしょうか、それに、歯の丈夫な子を産んでくれた母親の贈り物でしょう」などと軽く受け流していた。
 その彼が今、歯が痛いのである。同時に、あの医者に行くのか・・・と思うだけでも心が痛む思いがする。柳澤町には、歯科医院が2軒しかない。チッタ歯科医院は歩いて5分ほどの近いところなので、初めての時は、痛さのあまり飛び込んだのがこのチッタ歯科医院だったのである。それが何とも言い難い医院だった。

チッタ先生
 小さな木造平屋で、門から細い植え込みの間を飛び石づたいに少し入った所に入り口があった。ドアを開けると、風鈴のようなチリン・チリンとかすかな音が響いた。スリッパに履き替え、もう一つのドアーを開けた。ハッとした。内部はすべてピンクのペンキで塗られていた。廊下から床、壁、天井、窓枠などあらゆるものが、濃いピンク一色だ。突然、「いらっしゃいまーーーせっ」甲高い声がして、小さな窓から受付係が顔を出した。看護衣までがピンクだ。私を見るなり、ニット笑った。歯もピンクだ。上歯の方が濃い目。「いらっしゃいまーーーせっ」ともう一度言った後、「虫歯ですねッ」と笑った。診察もしないの、しかも受付係なのに、なぜ虫歯と断定するのか?と不思議に思った。キッと私の右頬がふくらんでいたせいかもしれない。 「はあ」といいながら、健康保険証を差し出した。「まあ、よーーPhoto_10 ーくぞいらっしゃいまーーーした」変なところで言葉を伸ばす癖があるらしい。
 「チッタさーーーん、チッタさーーーん」と内に向かって大きな声を張りあげた。「はああーーーい」の声とともに、蚊トンボのようなほっそりした女の人が急ぎ現れた。壁と同じピンクの診察着。どうやらこの人が先生のようだ。それなのに、「先生」と呼ばずにいるのが変だ。私を見るなり、「よーこそいらっしゃいまーーーした」と深々と頭を下げた。この先生も伸ばす癖があるらしい。あまりの丁寧な挨拶に驚いて、思わずつられて先生より深々と頭を下げてしまった。その時見たスリッパも靴下もみーんなピンクだ。おもむろに顔を上げ先生の顔をまじまじと見てびっくりした。先生の目が、先生の目が、なんとピンクなのである。「ホホホッ、驚いた?コンタクトなの。ホホホーーーのホッ」(あの癖がまたでたぞ!)小さく開けた唇の奥に見えた歯もピンクだ。この調子だと、体中がピンク色一色に染まってしまいそうだ。どうしよう?どうしよう?先生は、私の手を強く取って「さあーーーいらっしゃーーーいいいい」と言いながら診察室に連れて行かれた
。(つづく)

|

« チッタ歯科医院-2 | トップページ | クリーニング屋、猿男そして子供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チッタ歯科医院-1:

« チッタ歯科医院-2 | トップページ | クリーニング屋、猿男そして子供 »