« 電車事故に遭う | トップページ | 自転車事故 »

2006年10月31日 (火)

くちずさむ 55/100首

Photo_1 孫が小2年の時、百人一首を全部覚える授業があった。家に帰るなり、一所懸命暗記に苦戦。ただただ空覚えで、数を増やすことに熱中。今日は20覚えた、今日は40覚えた、と汗だく。期限までに何とか80位まで行ったらしい。上の句を詠んでやると下の句を詠んで確認しあうなど暫く付き合っている内、何となく面白くなってきた。”恋歌が多いな、坊さんが恋歌を詠むかよ、さばけているな、小野小町はどんな歌を”など興味が湧いてきた。

百人一首を見てみると、恋43首、四季32首 (春6首、夏4首、秋16首、冬6首)雑25首と圧倒的に恋歌が多く、季節では秋が多い。これが定家の好みなのだが、全体的には、バラエティに富んだ優れた作品が盛り込まれている。

撰者の藤原定家 (1162~1241)は、万葉集など和歌に造詣が深いばかりか、書家としても名高く、お茶にも精通しているなど、超文化人であったらしい。今ならさしずめノーベル文学賞を受賞しているのではと思う。”日本最初の文学賞受賞者 藤原定家”などとして。

「ふじわらの さだいえ」が正式名だが、「ふじわらの ていか」と音読されている。平安末期から鎌倉初期の公家・歌人。代表的な新古今調の歌人で書家としても有名。

「百人一首」は俗に「小倉百人一首」と呼ばれ、嵯峨野の地区の小倉で百人一首が編纂れたとの説がある。が、近年の研究で「小倉」の地名と「百人一首」とは無関係と見て良いとの説が有力で、今は「小倉百人一首」という呼び名は、殆ど使用されなくなっている。

 佐々木幸綱氏が「NHK趣味悠々 ウキウキ!百人一首」の中で百人一首について、以下のように述べている。
”定家の歌には、人をいい気持ちにさせる音楽的要素がある。短歌は音楽である。定家は音楽的な才能が抜群の人だった。彼が選んだ「百人一首」の短歌は、まず音楽として味わなければもったいない。”
 「百人一首」の成立にはまだ定説がない。藤原定家の日記「明月記」、「百人秀歌」、そして「小倉色紙」(藤原定家の色紙)。藤原定家の撰は疑いないようだが、三者のかね合いには諸説があり、成立事情、成立時期など、現時点では詳細が不明、といったあたりが正確のようだ。

 「百人一首」の歌は全て「古今集(905)から「続後撰集(1251)」までの十代の勅撰集から選ばれている。「古今集」成立より二百年も昔の万葉歌人の歌も入っているが、それも含めて「百人一首」の歌は、みな勅撰集に選ばれている作である。
 勅撰集から選ぶ、といった大原則に立って、作品・人物両面から百首を選定したらしい。秀歌を選ぶ、重要人物を選ぶ、全体のバランスを配慮しての撰歌のようである。
十代の勅撰集
古今集24首 ◆後撰集6首 ◆拾遺集11首 ◆後拾遺集14首 ◆金葉集5首
◆詞花集5首 ◆千載集15首 ◆新古今集14首 ◆新勅撰集4首 ◆続後撰集2首

これを見ても判るように、絶対的に古今集偏重である。
私の好きな歌首の内から(注:用字用語は「NHK・・・」より)

「古今集」24首
◎  おく山に紅葉踏分なく鹿の 声きくときぞ秋はかなしき      猿丸大夫
◎ 天の原ふりさけみれば春日なる 三笠のやまに出し月かも   阿倍仲麻
◎  花の色はうつりにけりないたづらに わか身よにふるながめせしまに 小野小町
◎ 人はいさこころもしらず故郷は はなぞむかしのかに匂ひける   紀貫之
◎ 君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ 光孝天皇
◎ ちはやぶる神代もきかず竜田川  からくれなゐに水くぐるとは 在原業平朝臣  
「拾遺集
11首
◎ しのぶれどいろに出にけりわが恋は 物や思うと人の問う迄    平兼盛
◎ 忘らるる身をば思はずちかひてし 人のいのちのおしくもあるかな  右近
「後拾遺集
14首
◎ 君がためおしかからざりし命さへ ながくもがなとおもひぬる哉  藤原義孝
◎ あらざらむ此のよの外の思出に 今ひとたびのあふ事もがな   和泉式部
「金葉集
5首
◎ 淡路島かよふ千鳥のなく声に 幾夜ね覚めぬすまの関守     源兼昌

詞花集5首
◎ いにしえのならの都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな    伊勢大輔
◎ 瀬をはやみいわにせかるる滝川の われてもすゑにあはむとぞおもふ 崇徳院

千載集15首
◎ ながからむ心もしらずくろかみの みだれてけさは物をこそ思へ待権門院堀河
◎ 嘆けとて月や物をおもはする かこちがほなるわがなみだかな  西行法師
「新古今集
14首
◎ 春すぎて夏来にけらし白妙の ころもほすてうあまのかぐ山     持統天皇 
◎ 田子の浦に打ち出でてみれば白妙の ふじのたかねに雪はふりつつ山部赤人
◎ めぐり逢いて見しやそれ共分ぬまに 雲かくれにし夜半の月影  紫式部

新勅撰集4首
◎ こぬ人をまつほの浦の夕なぎに やくやもしほの身もこがれつつ権中納言定家

続後撰集2首
◎ 百敷きやふるき軒端にしのぶにも なをあまりあるむかし成りけり 順徳院

興味を持ち始めて2年後の今頃になって、少し覚え、口ずさんで見るかいと、俄か勉強。全体を見ると、興味が湧かない歌、現代用語にほど遠い言葉づかい、などは覚えにくいから最初から除外し、まず負担を軽くする作戦。それでまあ半分覚えられればいいかぁ、など楽な気持ちで半分より少し多めの55首ぐらいに目標設定。

詳しく、歌の内容をみると、現代人に殆ど通じる物ばかりだ。”つれない人を思い苦しんで、辛さに耐えかねて涙がぼとりぼとり”、”あなたの為なら命さえ惜しくもないのに、一夜を共にした朝には、一日でも永く生きたい”(勝手にしいや)、”あなたが来てくれず一人で寝るなんてつまらないわ”、”どうせ忘れられる身なの、でも、あれほど神に誓ったのに悔しい、天罰が下っても悲しまないわよぉ”など女の執念がある。(私も経験者?)”今くるくると嘘ばっかり。毎晩待っている内に9月になってしまったじゃないのさ”(嘘つきの銀座の女。そんなこと云われてみたいよぉ)。そうかと思うと、”俺って隠せないんだな、ついつい顔に出たりしてさぁ。誰だ誰なんだよ!と問いつめられたりして、ウッヒヒ”といったおのろけの兄さんがいたりして面白く、訳が判るほど興味津々。

作者の身分は天皇・親王10人、公10人、卿17人、女房29人僧侶12人、その他32人。僧侶が意外と多い。僧の中でももっとも良く知られているのは西行法師。僧と恋歌の取り合わせは不思議に感じられるが、西行には恋歌が多い。しかし、Photo_5実際の恋歌ではなく、題詠歌なのだ。ついでながら、松尾芭蕉は西行を敬愛し、「奥の細道」は西行を慕っての旅なのだ。僧は自然を愛し、修行の辛さなどを詠んでいる。

現在、40まできた。三つ覚えて二つ忘れる毎日。日頃から覚えたとおぼしき歌を一太郎で編集し、ハードコピーをポケットに機会を見ては口ずさんでいる。駅頭では少し大声出したりして結構楽しい。定家が何故この歌を選んだのか,彼の気持ちに近づけたらなぁ

|

« 電車事故に遭う | トップページ | 自転車事故 »

コメント

おそくなってスイマセン;私も一昨年学校の宿題で全部覚えたよ^^自分でも読んでるうちにその情景が浮かんできたり、作者の気持ちを考えたりとかしたけど、本当にいつの時代も変わらないものってあるなぁって思った。結構楽しかったかも*

投稿: 黒豆茶 | 2006年11月 8日 (水) 20時54分

素晴らしいブログですね。うれしくなっちゃいました。以前何冊か百人一首に関する本を読んだことがあるのですが、中途半端で終わってしまいました。紹介されている歌は読めば読むほど感じるものがありますね。このブログ、大切にします。

投稿: 西川 秀生 | 2006年11月 2日 (木) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くちずさむ 55/100首:

» 小倉百人一首三番 柿本人麻呂 [筆ペンでなぞる百人一首:百人一首の美しい歌を筆ペンでなぞり書き]
百人一首を読んで書いて親しめる。ダウンロードして無料で筆ペンの練習にお使い下さい。百人一首の美しい日本語の世界をお楽しみ下さい。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 14時25分

« 電車事故に遭う | トップページ | 自転車事故 »