2011年5月31日 (火)

特急「スーパーおおぞら14号」炎上事故

 2011年5月27日、JR北海道 石勝(せきしょう)線で、午後10時頃、特急「スーパーおおぞら14号」(6両編成)が脱線炎上事故が発生。3号車下部の「推進軸」が脱落。落ちた弾みでレールに乗り上げたか、車体下部にぶつかって2号車の脱線を招いたと見られている。(同年5月31日 朝日新聞夕刊) 死者こそいなかったが、多数のけが人がでた。当時乗客は約240名。

 事故はトンネル内約500メートルの地点で発生。1号車に乗っていた会社員は、「トンネルに入る直前ぐらいで、地面をひっかくみたいにガタガタと揺れた。トンネルに入るとすぐ、窓越しに火が吹き出しているのが見え、トンネルの壁に沿って煙が立ちのぼっていた}と話ている。(朝日新聞朝刊)

 このブログにも、「電車事故に遭う」といった実体験記事を載せている。当時の記憶がトラウマのように、想い出されてぞっとした。火柱、煙、悲鳴、絶叫、窓の割れる音、鼻をつんざくような悪臭、などがいっぺんに蘇った。

 東北津波大地震もそうだが、何時発生するかわからない。その場その場で何とか個人個人が対処するしかない。今度の事故では、車掌の避難誘導が無く、乗客が銘々避難して助かっている。車掌は、社内にいるようにアナウンスしたようだが、それに従っていたら、多数の死者がでたはず。事故後の炎上車両をみても全く原型を留めていないことからも窺い知ることが出来る。

 災害時は、銘々が状況判断して、勝手に避難するしかない。東北津波大地震の際も、いち早く徒歩で高台に逃れて生き延びた人もいれば、早くと思って車で逃げようとした人が、渋滞に巻き込まれて死亡した人もいる。誰もが未経験なだけに、運としか言いようのない無常観にさいなまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

原子力発電・災害関連・英和用語集

 原子力発電所事故、地震・津波災害に関する英字新聞を読む上で、必要な英和用語集を編纂しました。専門用語(災害関連も含めて)が余りにも少ないため、出来るだけ分かる範囲で網羅し、関連用語を名詞、動詞、形容詞、用例など東北大地震を中心に英字新聞をよく理解出来ることを念願として、編集しました。
 専門家でなく、また、浅学のため、目的を達成するには、ほど遠い内容の誹りは免れませんが、災害関連の英字新聞記事を少しでも理解して、頂ければ幸甚です。
 なお、順次、追加、削除、訂正を重ねて行くつもりです。また、数々のご批判を賜れば、これに過ぎたる喜びはありません。

原子力発電・災害関連・英和用語集

A
ABWR(Advanced Boiling Water Reactor)    改良型沸騰水型発電炉
AESJ(Atomic Energy Society of Japan)  日本原子力学会
Abandon(v)    廃止する(用例:abandoned school  廃校)
abalone fishing     アワビ漁業
abate(v)    衰える
acceleration    加速度
active deposit   放射性沈殿物
active fault line    活断層
activist   活動家
activity condensation   放射能濃度
acute dose   強制被爆線量
adverse(a)    有害な
aerial inspection   空中探査
after-heat   残留発熱(余熱)
aftermath   余震
aftershock   余震
aggravate(v)   悪化する
airborne(a)   空中に散布する(花粉、細菌など)
air pollution   大気汚染
air radiation    大気中放射線
airtight protective gear    機密防護服
alleviate(a)   軽減する
allowable level    許容レベル
alter   祭壇
ambiguous explanation    曖昧な説明
amount of radiation    放射線量
anemia   貧血症
annual allowable limit   年間許容限度
annual throughput   年間処理量
anticipation    予想
archipelago   列島(cf:Japanese archipelago=日本列島
arduous(a)    骨の折れる
artificial flooting island(megafloat)    人工浮島(メガフロード)
artery   動脈
asbestos fiber   アスベスト繊維
assessment    評価
assail(v)    激しく責め立てる(用例: The minister assails TEPO.)
assume(v)   決めつける、想定する
assumption    前提条件 
 用例: Based on these assumptions,  こうした前提条件を元に
atomic fission    核分裂
automatic depression system    自動減圧系
atmosphere   空気中、大気中                        
attenuation   減衰
attribute(v)   起因する
ax  解雇(解雇する)
熟語: and the like    などなど

B
BWR(Boiling Water Reactor)  沸騰水型炉
backlash    大衆の反発
becquerel    ベクレル
baffle(v)   失望させる、期待外れにする
barge    艀船、バージ
batting   (痛手cf: take a batting in the way of disaster=災害の後痛手       を被る)
bear the brunt of ~(v)   矢面に立つ
bedsore    床ずれ
beef up(v)    強化する
belongings    私物
beset(a)  悩まされる
becquerel    ベクレル
benchmark    基準
bio-diesel fuel     バイオジーゼル燃料
blackout     停電
blast(v)  避難する
blind diet    柔らかい食事
blunder    失態
boarding house   下宿
board of education    教育委員会
boiling water reactor    沸騰水型原子炉
bolster   支え、強化
bonito fishing    カツオ漁
boost(v)   押し上げる、促進する
boron   ホ-素
breach    割れ目
breach(v)    破る(堤防を)
breakwater    防波堤
breast milk    母乳
breast-feeding    母乳で育てる
broccoli   ブロッコリ
bun    ロールパン
bulimic children    過食性の子供
burner reactor   燃焼炉
business environment    事業環境
用例:to be taken aback    呆気にとられる、面食らう
      based on the premise of ~を前提条件として

C
CEPCP(Chugoku Electric Power Co.)    中国電力株式会社
calamity    災害
cardinal(a)    極めて重要な
Chief Cabinet Secretary   官房長官
cash award    奨励金
candidate site    候補地
cardiac infection    心筋梗塞
catalyst   触媒
caterpillar   毛虫
cattle   家畜
celery   セロリ
central waste processing utility   中央廃棄物処理装置
cesium   セシウム
chamber of commerce    商工会議所
channel(v)    注入する
charm    お守り
checkup    健診
chronic disease(illness)  慢性疾患
circulating coolant    循環冷却水
circulating reactor   循環炉
circumspect(a)    慎重な
cite(v)   引用する
clamor(v)   やかましく要求する
clutter(v)   散らかす
collapse(v)    崩壊する
colossal cost    膨大な費用
commission(v)    依頼する(仕事を)
commercial reactor   実用炉(商業炉)
compensation   賠償
compile(v)    練り直す(計画、スケジュールなど)
complacence   自己満足
complementary access  無料のアクセス
compound   境内、化合物
compromise(v)   解決する
concentration    濃度
condemn(v)   非難する

condensate strage pool     復水貯蔵プール

condenser     復水器
condenser water storage tank    復水器貯蔵タンク
consign(v)     委託する
containment vessel    格納容器
containment vessel pressure reduction equipment  格納容器圧力低減設備
contaminated water    汚染水
contingency   非常事態
control rod    制御棒
control rod drive mechanism    制御棒駆動機構
control system   制御系
controversial plan   懸案の計画
countermeasure     対策
conventional power reactor  在来型炉
coolant   冷却材
cooling pond   冷却池(放射能冷水炉)
cooling water    冷却水
cooperative   生活協同組合
corpse   死体
council    会議、評議会
crack    亀裂
crawler    無限軌道車
criterion    基準
cripple(v)    だめになる、損なわれる
critical    臨界
critical mass   臨界量
crust change    地殻変動
crystal    水晶(化)
culprit   問題の原因
cumbersome(a)    面倒くさい
cumulative radiation   累積放射能
cumulative amount of radiation    累積線量
current law    現行法規

D
dampened consumer sentiment    販売意欲の低下
dearth    不足
debris    破壊された破片、瓦礫
decay heat    崩壊熱
deceased(the deceased)   死者、故人
decontaminate(v)   除去する
decontamination    汚染除去
decontamination room    汚染除去室
decree    命令
deliberation    審議
delve into~(v)    丹念に調べる、掘り下げる
dementia    認知症
demolish(v)    破壊する
deploy(v)    配備する
detect(v)    見知する
detention   拘留
designate(v)   指定する
designated area    指定地域
desk theory   机上の空論
detective    命令
deserve(v)    ~に値する、する価値がある
deteriorate(v)  悪化する(病気が)
devastate(v)   荒廃させる
devastating earthquake    壊滅的な大地震
dike   堤防
diminish(v)   減少する
direct-current power supply    直流電源
discharge(v)    排出する
dire need   差迫った必要性
dire strait   厳しい環境
disability    身体障害者
disaster    災害(用例: in time of disasters   災害時に)
disaster area    被災地
disaster-hit region    被災地域
disaster-stricken area    被害地
discharge(v)   垂れ流す
discharge canal   排水溝
dismantle(v)   解体する
dismiss(v)  退ける(意見など)
disorder    障害
dispersal forecast    飛散予報

disperse(v)   分散する
disrupt(v)   混乱させる
dissect(v)    詳細に調べる
divert(v)    漏水する(汚染水などが)
don(v)   着用する(cf: people donned protective suits.防護服を着用した)
donation    寄付
dorm    寮
dormant farmland   休耕地
dose(用例: radiation dose)    線量(放射線量)
dosimeter   線量計
downturn    業績不振、業績悪化
dried abalone    乾燥アワビ
duct   管、ダクト
dump(v)    投棄する
用例: to date    今日まで

E
ECCS(Emergency Core Cooling System)   非常用炉心冷却装置
Environment Ministry    環境省
earthquake    地震
earthquake-prone country   地震の起きやすい国
economic downturn    経済の折り込み、経済の低迷
ecosystem  生態系
emasculate(v)  骨抜きにする
embankment    堤防
emergency    非常事態
emergency condenser    非常用復水器
emergency countermeasures headquarter    緊急対策本部
emergency diesel generator    緊急用ディーゼル発電機
emergency employment assistance program    緊急雇用支援プログラム
emergency evacuation preparation zone    緊急時避難準備地域
emit(v)    放出する(放射線など)
enhance(v)    強化する
entombment    埋葬
envisage(v)  想定する
envisaged zone   想定地域
epicenter   震央、震源地
earthquake victim    震災被害者
escape safety valve exhaust pipe    逃がし安全弁排気管
establishment     食堂
exclude    除く
external power supply    外部電源
extraction operation    排出処理
extremely deplorable (a)    極めて遺憾
external electricity supply  外部電力
extract(v)    排出する(汚染水など)
evacuation order    避難命令
evacuation shelter    避難所
evacuee(v)   避難者
evaporation    蒸発
exempt(v) ~from    ~を免除する
exodus   出国(多数)
expectant mother    妊娠中の母親(pregnantの遠回しの言い方)
expected range    予想範囲
expertise   専門知識
explosive limits    爆発限界
exposure    照射、露出
external electric power grid    外部電力網
external exposure    体外被曝
external power source   外部電源

F
fallout   死の灰、放射性降下物
  (用例: fallout-contaminated area=放射性降下物降下地域)
fatigue    疲労
fault   断層
feasibility    実現可能性
fiber-optic cable    光ファイバ-ケ-ブル
financial loss    経済的損失
findings  所見、結論
fishery cooperative    漁業協同組合
flashback   フラッシュバック、回顧
flotsam   がらくた
fissure   亀裂
flaw   欠点
fluctuation    不安定、変動
food ration    食料割当
footage   映像
forecast    予測
formidable(a)   恐ろしい
fracture    破損
fragile state    脆い状態
frostbite    凍傷

fuel assembly    燃料集合体 

fuel chain reaction    核分裂連鎖反応
fuel rod    燃料棒
full-tracked vehicle    キャタピラ
1st in line    最優先、最前列
用例: for the time being     暫くの間

G
GPS(Global Positioning System)    全地球測位システム
Great East Japan Earthquake    東北大地震
Ground Self-Defence Force    陸上自衛隊
gadget    ちょっとした物(用途の不明な物)
gastroenteritis  胃腸炎
gas-water separator    気水分離器
gazing zone   放牧地域
gear    用具(用例:protective gear 防護具)
generosity   厚意
give off~(v)     もたらす
glass solidification   ガラス固定化
grace period   支払猶予期間
graffiti   落書き
green-light    ゴーサイン、許可
grin   笑顔
grand coalition government    大連立政府
greenhouse gas    温室効果ガス
groundless rumor    風評被害
grove  木立
ground facility    地上施設
guardian    保護者
gung-ho(a)   熱心な
用例:given~   ~を考慮に入れると(接続詞、前置詞)
   Given the need to preserve the senic beauty=景観の保全の必要性       を考慮に入れると

H
Health, Labor and Welfare Ministry    厚生労働省
half-life    半減期
hamper(v)   阻害する
harmful rumor   風評被害                     
haven   避難所
heartfelt(a)   心からの
heat-exchanger    熱交換機
high-level waste    高レベル廃棄物
high pressure injection pump    高圧注入ポンプ
heat removal equipment    余熱除去設備
hinder(v)   妨げる、中止する
holidaymaker   行楽客
household     一般家庭
household representative    所帯主         
hydrogen explosion   水素爆発
hygiene   衛生、保健
hypertension    高血圧
hypocenter  爆心地

I
IAEA(International Atomic Energy Agency)    国際原子力機関  
INES(International Nuclear and Radiological Event Scale) 国際原子力   事象評価尺度
immunity   免疫
impermeable(a)   不透明な
implement(v)   実行する
implication   影響
impose(v)    課する
incur(v)    被る、受ける
injection    摂取
inhalation    吸入
internal exposure    体内被曝
inundate(v)    水浸しにする
incinerator   焼却炉
indiscriminate(a)    無差別
indoor standby advisory    屋内待避指示
indoor standby zone   屋内避難区域
injection    注入
inpatient(a)    歯がゆい
insomnia   不眠症
inspection robot    探査ロボット
intact(a)   無傷で(cf: His house remains intact.)
integrate(v)   統合する、集約する
intensify(v)    激化させる
intensity    強度
internal document    内部資料
inundate(v)   浸水する、殺到する
invigorate(v)   活性化する
involve(v)   切願する
iodine    ヨウ素
irreparable damage   取り返しのつかない損害
isolation condenser    非常用復水器
用例:in line with~   ~通りに、~に従って
in line with the operation manual   操作 マニュアル通りに
in order    順序正しく、適切に

J
Job Creation Promotion Council    雇用創出推進協議会
jurisdiction    管轄

K
kidney    腎臓

 L
lamentable (a)   嘆かわしい
landfill site    最終処分場
languish(v)   不振になる、弱まる
layperson(layman)   素人
leakage    漏水
legislation    法案(用例:special regislation  特別立法)
lethal(a)   死をもたらす(cf: lethal radioactive water)
lethargic(a)    不活発、不振
lettuce  レタス
levee    堤防
liability    負債
liaison    連絡
lift(v) the order   解除する(命令を)
light water reactor   軽水炉
limbo   放置場所(不要物の)
linger(v)    長引く
lion's share    最優先権、一番大きな分け前
liquefaction  液状化
liquefied natural gas (LNG)   液化天然ガス
liquid glass    水ガラス
locals    地元の人
log    記録、日記
logistics    物流(単・複)
low-level tainted water    低レベル放射能汚染水
low-level waste    低レベル廃棄物
low pressure core apray system    低圧炉心スプレ-系
lumps    非難
lurk(v)   潜む(危険が)

 M
METI(Ministry of Economy,Trade and Industry)   経済通産省
mackerel    サバ(鯖)(魚)
makeshift city government office    臨時市役所
malfunction    誤操作
malnutrition    栄養不足、栄養失調
makeup    組立構造
Maritime Safety Agency    海上保安庁

Meteorological Agency    気象庁
makeshift sleeping room    仮睡眠室
migration    移動
makeshift bank   仮堤防
makeshift dump    仮ゴミ捨て場
make up for~ (v)    埋め合わせをする
manifesto    マニフェスト
manipulate(v)     巧みに操作する(機械などを)
marshland   湿地帯
massive(a)    大規模な
maximum permissible concentration dose    最大許容集中線量
meltdown    炉心融解
methane hydrade    メタンハイドレード
mete out(v)   割り当てる
millisievert   ミリシーベルト
moor(v)    係留する
morale     モラル
moral tablet   位牌
move    処置、手段
mushy(a)    どろどろした(用例: Tlhe fuel rods became mushy.)
myriad(a)   無数の(myriad things=色々な物)

N
NISA(Nuclear and Industrial Safety Agency)    原子力安全・保安院
NRC    米国原子力規制委員会
NSC(Nuclear Safety Commission of Japan)   原子力安全委員会
NSG   原子力供給国グループ
National Personal Agency   人事院
necessity   必需品
nightmarish day    悪夢のような日
nitrogen    窒素
nitrogen injection    窒素注入
nix(v)    拒否する(認可など)
no-go(no-entry) zone   立入り禁止区域
nonprofit organization   NPO
nuclear fuel rod    核燃料棒   
nuke plant    原子力発電所
nuclear power plant    原子力発電所
nullify(v)    無効にする(免許など)
nurse school    保育所

 O                      
OECD/NEA  経済協力開発機構原子力機関
obliterate(v)    完全に破壊する
obstacle    障害物
off-limits zone    立入禁止区域
onset    開始(良くないことの)
opponent    反対派(参考:proponent 賛成派)
outbreak    発生
outnumber(v)    ・・・より多い(用例:Opponents outnumbered proponents.     反対派が支持派を上回った。)
outrage    停止
outpatient   外来患者
overconfidence    過信
overdose    過剰摂取、危険量

P
PWR(Pressure Water Reactor)  加圧水型炉
parsley   パセリ
pasture   牧草地
pellet   燃料ペレット
penetration    浸透
pharmaceutical product    医薬品
phase-out    段階的廃止
pile up(v)    苦労を抱え込んでいる
pipe rupture    配管破断
pit    縦坑(作業用の穴)
plague(v)   悩ます、苦しめる
planed evacuation zone    計画避難区域
play down(v)   揉み消す、取り消す
plead(v)   嘆願する
pledge(v)    制約する、約束する
plight    苦境
plug(v)    塞ぐ、詰める
plummet(v)   急落する(価格が)
plutonium    プルトニウム
pneumonia    肺炎
pose(v)   引き起こす(危険を)
power source    電源
power source truck(or vehicle )   電源車
precedence    優先順序
precipitate(v)  沈殿する
preferential treatment    優先的処置
pregnant woman    妊婦
premise    構内、前提
pressure gage    圧力計
pressure reducing support structure    圧力抑制室支持構造物
pressure suppression    圧力抑制
pressure suppression container    圧力抑制形格納容器
pressure suppression pool    圧力抑制プール
pressure vessel    圧力容器
pressurized water reactor(PWR) 加圧水型原子炉
processing of spent fuel    使用済燃料再処理
procure(v)   調達する
prolong(v)   長引く
property    所有物、財産、不動産
proponent    支持派(参考: opponent  反対派)
protein     蛋白質
protective suit    防護服
protracted effort    長期の努力
provisional analysis    暫定分析
provisional payment    仮払金
provisional tank    仮設タンク
provoke(v)   引き起こす
prudent   慎重
public affairs    広報担当
put up(v)   泊まる
put up with~ (v)   ~に耐える
     (endure,stand,tolerate)

Q
quake intensity    地震強度

R
radiation level    放射線レベル
radioactive cesium    放射性セシウム
radioactive dose   放射線量(線量)
radioactive iodine-131    放射性ヨー素131
radioactive substance    放射性物質
radioactive waste processing building    放射性廃棄物処理施設
radius    半径
tally(v)(n)    集計する、集計
rampant(a)    横行している
rape    油菜
ravage(v)  荒らされる(通例: to be ravaged=荒らされる、略奪される)
reactor    原子炉
reactor core    炉心
reactor containment vessel    原子炉格納容器
reactor pressure vessel    原子炉圧力容器
reactor turbine building    原子炉タービン建家
rebuttal    反論
reckless(a)   無謀な
reclaim(v)    埋め立てる
reclaimed land    埋立地
reconstruction    再建
recycle cooling system    循環型冷却システム
recyclation pump    再循環ポンプ
redress    救済
regular inspection   定期検査
regulation    規定、規制
reinforce(v)    強化する
relay robot    中継ロボット
relevant legislation    関連法案
relief goods    援助物資
remain intact(v)   損なわれていない
remaining heat    残留熱
remuneration   報酬
renovation    改装
renowned expert  著名なエキスパート
repurchase(v)    再利用する、割り当てる
representative    代表者
reprimand(v)   叱る
residual heat    残留熱
residual heat removal system    残留熱除去系
resilient(a)   立ち直る(用例: symbol of resilient Tohoku area)
resin solution    樹脂溶液
restoration contact    修復契約書
revelation    新事実、暴露
rumor mill    風評被害
resolve(v)    変化させる(cf: Radiation will resolve water into hydrogen                         and water.)
resumption   再開
revelation    新事実
revitalization    活性化
rebuff(v)   拒絶する
reel from ~(v)    よろめく
rolling blackout    計画停電
rubble    瓦礫、破片
rife(a)   蔓延している
rule out~(v)  除外する

S
SPEEDI(System for Prediction of Environmental Emergency Dose           Information)  緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク
safeguard standard    安全基準
safety math   安全神話
sand dune   砂丘
saury fishing    サンマ漁
scallop    ホタテ(farming scallop=ホタテの養殖)
scare away(v)   追い出す
scoff at(v)   嘲笑う
scrap(v) reacter    原子炉を廃炉にする
scribble(v)   落書きする
scrutiny    精査
seawater intake    海水取水口
sedimentation    沈殿
seep(v)    漏れる(液体が)
seismic activity    地震活動
seismic guideline    地震ガイドライン
seismologist    地震学者
seismology   地震学
seismometer    地震計
sensible heat    顕熱
serious blow    深刻な打撃
shale    シェールガス(頁岩:けいがん)
shelter    シェルター
shortfall    不足
shun(v)   避ける
silt fence    シルトフェンス
slam(v)    激突する
small and medium business    中小企業
small and medium corporation    中小企業
sodium silicate    ナトリウムケイ酸塩
solicit(v)   勧誘する
solidification    固定化
solidarity   連帯
speciality   専業
speculation    想定
spell out(v)  詳細に説明する(cf:  Do I have to spell out for you?=いち      いち説明しなければいけないのか)
spent nucler fuel rod    使用済核燃料棒
spinach   ほうれん草
sporadic discussion   散発的な討論
spring tide    大潮
stand at(v)  示す(計器などが)
standstill    行詰まり、立ち往生
state-of-the-art technology    最先端技術
stave off(v)    避ける(飢餓を)
stay(v) afloat   借金しないでいる
steam generator    蒸気発生器
step down (v)   辞職する
stoppage    障害者
storage management center    貯蔵管理センター
straddle(v)    跨る(境界などを)
strait   困窮、苦境
strata   地層
stymy(v)    挫折する
submerge(v)    冠水させる
subsidy   補助金、助成金
supplement budget    補助金
suppressant liquid    抑制剤
suppression chamber   圧力室
surge in(v)   (群衆などが)波のように押し寄せる
survivor   生存者
sustain(v)   蒙る(損害、障害を) 用例: sustained the heaviest damages.
swirling seawater    渦巻く海水
熟語: at stake  危険に曝されて(用例: Jobs are at stake.)

T
TEPCO(Tokyo Electric Power Co.)   東京電力株式会社
tainted water    汚染水
takeover    買収
technetium     テクネチウム(放射性の金属元素)
tectonic   地殻
temblor   地震(米)
temporary-home visit plan    一時帰宅計画
temporary housing(home)   仮設住宅
temporary storage pool    仮貯蔵プール
terrain    地域
thermal power plant   火力発電所
thermal power generation    火力発電
thyroid gland    甲状腺
tidal wave    高潮
toddler    幼児
toe(v)    曳航する
transformer    変圧器
tremble(v)    震動する、(n)震動
tremor    震動(用例: magnitude-9.0 tremor)
trench   トレンチ、縦坑、溝
tricky state    微妙な状態
trigger(v)    切っ掛けとなる、誘発する
turbine building    タービン建屋
turnaround    転換(良い方へ)

U
underestimation    過小評価
undergo(v)  受ける(用例: to undergo radiation screening)
underground facility    地下施設
unemployment benefit    失業給付
unfold(v)   拡がる
unscathed(a)    損傷しない
upend(v)    ひっくり返す
upheaval    隆起
uranium    ウラニウム
熟語: to be unconvinced by   納得できない

V
valve vaccum destruction    真空破壊弁
vent(a)    放出する
vent pipe    ベント管
ventilation system    排気システム
vessel   管、船
volunteer firefighter    ボランティア消防士
voluntary leaving    自主避難
vulnerable (a)   壊れ易い
vulnerability   脆弱性

W
waive(v)   放棄する (waive debts  負債を放棄する)
waste disposal facility    廃棄物処理施設
water coffin    水棺
water-absorbing polymeric material    吸収ポリマー材
water-level gauge     水位計                           
water-soluble synthetic resin     水溶性合成樹脂
weather(v)   乗り切る (用例: to weather the hardships of this disaster
            =困難な災害を乗り切る)
welfare office    保健福祉事務所
whereabouts    所在
wind down(v)  徐々に減らす(活動などを)
window-born(a)    風によって生じる
wire mesh container   蛇篭
withhold(v)   保留する
woes    苦境、困難
worker's accident compensation insurance plan    労働者災害補償保険                       制度
wreckage    被害
用例: in the wake of disaster    災害後

Y
yardstick    基準

Z
zirconium     ジリコニウム

 

 

  

参考資料:
科学技術庁原子力安全局安全調査室(監修)改訂8版
  原子力安全委員会安全審査指針集 大成出版(1994)

 

原子力百科事典ATOMICA
  (財団法人 高度科学技術研究機構データベース部)

 

図解 原子力用語辞典 第3版
 原子力用語研究会編 昭和58年7月30日 3版

 

原子力用語辞典
 原子力用語辞典編集委員会編 昭和56年9月30日 初版

 

Asashi Evening News
Daily Yomiuri
Japan Times
Mainiti Daily News

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東北大地震

日本の主な災害記録(明治以降)

■明治三陸地震1896年(明治29年)6月15日 M8.2~8.5
最大震度
震度3程度:
津波
綾里湾(現・大船渡市):38.2m
地震の種類
海溝型地震
被害
死傷者数
死者:2万1915名
行方不明者:44名
負傷者:4398名
被害地域
北海道から宮城県までの太平洋

物的被害 家屋流失:9878戸
家屋全壊:1844戸
船舶流失:6930隻
その他:家畜、堤防、橋梁、山林、農作物、道路など流失、損壊。

明治三陸地震は、震度が小さいにもかかわらず、巨大な津波が発生し、2万人を超す犠牲者が出た。これは、この地震が巨大な力(M8.2~8.5)を持ちながら、ゆっくりと動く地震だったためである。最近の研究では、この時、北米プレートと太平洋プレートが幅50km、長さ200kmにわたって5~6mずれ動いたことが分かってきた。太平洋プレートの境界面には柔らかい堆積物が大量にたまっており、それが数分にわたってゆっくり動いたと推定される。その独特の動きが激しく揺れる地震波よりもはるかに大きなエネルギーを海水に与えたと考えられる。

また、地震動の周期自体も比較的長く、地震動の大きさの割に人間にはあまり大きく感じられない、数秒周期の揺れが卓越していた。このため、震度が2~3程度と小さく、危機感が高まりにくかったと考えられる。
後年、このような地震のタイプを「津波地震」もしくは「ゆっくり地震」と言うようになった。
明治三陸地震(めいじさんりくじしん)は、1896年(明治29年)6月15日午後7時32分30秒に発生した、岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)の東方沖200km(北緯39.5度、東経144度)を震源とする地震。M8.2~8.5という巨大地震であった。

地震後の津波が本州観測史上最高の遡上高である海抜38.2mを記録するなど津波被害が甚大だったこと、および、この津波を機に、明治初年にその名称が成立したあとも、行政地名として使われるのみで一般にはほとんど使われていなかった「三陸」という地名が知られるようになり、また「三陸海岸」という名称が生まれた[1]ことで知られる。

 

■関東大地震1923年(大正12年)9月1日11時58分)M 7.8~7.9
震源 東経139.3゜北緯35.2゜付近 相模湾の北西隅付近
死者行方不明者 約10万5千人
相模湾沿岸に津波
東海道線根府川駅背後の山崩れ、土石流による崩壊土砂で停車中の列車が海に押し出され約200名が死亡

■昭和三陸地震1933年(昭和8年)3月3日午前2時30分48秒)M5
岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)の東方沖約 200 km(北緯39度7.7分、東経144度7分)を震源として発生した地震。M8.1。アメリカ地質調査所 (USGS) の推測はMw8.4。
 
三陸海岸は軒並み震度5の強い揺れを記録したが、明治三陸地震の時と同じく地震による被害は少なかった。地震後に襲来した津波による被害が甚大であった。最大遡上高は、岩手県気仙郡三陸町(現・大船渡市)綾里で、海抜28.7mを記録した。
この地震による被害は、死者1522名、行方不明者1542名、負傷者1万2053名、家屋全壊7009戸、流出4885戸、浸水4147戸、焼失294戸に及んだ。

特に被害が激しかったのは、岩手県の下閉伊郡田老村(現・宮古市)で、人口の42%に当たる763人が亡くなり(当時の村内の人口は1798人)、家屋も98%に当たる358戸が全壊した。津波が襲来した後の田老村は、家がほとんどない更地同然の姿となっていた。

これを教訓に、田老には1982年(昭和57年)までに海抜10m 、総延長2433mの巨大な防潮堤が築かれた。1958年(昭和33年)に完成した1期工事の防潮堤は、1960年5月23日に発生・来襲したチリ地震津波の被害を最小限に食い止める事に成功した。これにより、田老の巨大防潮堤は全世界に知れ渡った。

この巨大防潮堤は、昭和三陸地震の大津波によって更地同然の姿になった田老町の防災の象徴となっていたが、2011年(平成23年)3月11日 に発生した東北地方太平洋沖地震による大津波はこの防潮堤を越えて町内を襲い、ほぼ全域が壊滅状態となった。

■室戸台風1934年(昭和9年)9月20-22日)
死者・行方不明者 3,036名

■南海道地震1946年(昭和21年)12月12月21日 (M8.0)
死者・行方不明者 1,443名

■福井地震1948年(昭和23年)6月28日16時13分)(夏時間のため、当時の時刻では17                         時13分)M7.1
震央 福井県北部、北緯36度17分、東経136度20分
震度6:福井市(この地震を契機に震度7が設定されたため、震度7相当)
死者3,769名
被害の特徴
戦災後のバラックの倒壊(倒壊家屋36,184戸)
火災発生による市街地の延焼(焼失家屋3,851戸

■洞爺丸台風1954年(昭和29年)9月25-27日)
青函連絡船洞爺丸など5隻が転覆・沈没、1,430名が死亡(うち洞爺丸1,155名)
死者・行方不明者 1,761名
低気圧による豪雨(5/8-12)
北日本、近畿地方で被害
死者・行方不明者670名

■伊勢湾台風1959年(昭和34)年9月21-27日)
死者・行方不明者 5,098人

■阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)1995年(平成7年1月17 日5時46分) M7.3
震源淡路島(北緯34度36分 東経135度03分 深さ16km)
死者・行方不明者 6,427名(関連死 904名を含む)

■新潟中越大震災2004年(平成10年)10月23日17時56分)M7
死者:68人 重軽傷者:4,805人
全壊:3175棟 半壊:13,810棟 一部損壊:105,682棟

■東北関東津波大地震2011年(平成23年)3月11日14時46分  M9.0
2011年6月5日現在 死者 15,365人  行方不明 8,206人 避難 98,505人(朝日新聞)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

タッチしてしまった(1)

 5月の夏日。室内の大改装の為、本棚を整理していたら、T中学校時代の校内新聞が出てきた。昭和○○年3月3日(金)。ガリ版刷りだ。古い紙差しに一枚だけ挟まっていた。良くも残っていたものだ。A3大で茶褐色に変色、丁寧に扱わないとボロボロ切れそうだ。
 大見出しが”体育部座談会”だ。出席者は教師を含めて24人。水泳部からは私とF君と2名出席。彼とは遠方地のため年賀状の交換ぐらいだが、今でも付き合っている。先生もハッキリ記憶に蘇ってきた。顔かたちも目に浮かんできた。編集長はA君だ。彼は体が大きく、力があった。頭脳明晰で、何やってもそつなく上手く処理し、尊敬していた。彼には勝てないな、と常日頃から思っていた。排球部(バレ-ボール部)の主将だった。記者はM君で、女性問題では親身励まして呉れた親友で、時折付き合っている。
 小見出しは、「練習第一」「用具は充分か」「チームワークについて」「応援多数だと上がる」「体の大きいのは運動に不向き」「会費は卓球部のみ」。この中で私は一言だけ発言していた。下級生が三年生の卒業後、現在のレベルを保てると思いますか、の質問に”水泳部はダメ”とあっさり切り捨てている。(水泳部は夏だけの為、排球部にも所属していた)どの試合も3位ぐらいしかとれないでいた癖に生意気ぶっている。他校の韓国の選手だった金君の後頭部を何時も追いながら見ていた。お陰で県大会に出られなかった悔しい想いがある。
 「応援多数だと上がる」では、野球なんか応援が多いのではないですか、の質問に野球部部員は”ホームグランドでやるときは凄い位です。でもあまりやられると上がってしまいます。なかなか上手には行かない。”これに対してA主将は”バレーには一人もきません。”等と言った件が面白い。また、水泳部の練習は?の問いかけに、F君”なにしろ当部は夏という短い期間しか無いので出来なかった。先生の協力がぜひともほしい”F、K両先生”少しはしたよ”-一同笑声-。試合の方は方はどうでしたか?F君”初めは良かったがラストで失敗した。M中学は選手も多い。”事実、母校では2000人もの学生がいたが、水泳部の所属選手は10人足らずだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチしてしまった(2)

「スポーツマンシップとN君」
 2面に「スポーツマンシップとN君」の記事。A主将が投稿したものだった。N君とは私のことだった。以下は原文のまま。

                       ×××××
 私たちの学校では、各種のスポーツクラブが盛んだが、私はその活動が盛んになればなる程、各クラブ員の間にスポーツマンシップが育まれんことを願うものである。この勇敢さは、つまらぬ方向に於ける勇敢ざたではない。真の勇気を必要とする時に発する勇敢さである。スポーツマンの勇敢さの中には種々の内容が含まれている。即ち「犠牲的精神」「他を愛する広い心」「正邪を見分ける正義心」そして「実行力」。
 本当のスポーツマンとは、右の条件を具備する人物をさしていうのである。私は2年生の時、O先生が排球部を創設された当時に入部し、現在に至っている。いわゆる部内での古顔であるが、その間、2年有余にわたってのチーム生活中に私は自分の人生試練のためのよい経験をしたことを数々想い出すことが出来る。

本校連戦連敗の秋
 昨年市主催の市内中等学校バレーボ-ル大会の時のことである。場所はおなじみのD高女の体育館であった。連戦連敗の自慢にならぬ戦歴を有するわがチームは敗戦を予期してたが、勝負は時の運とでもいうものか、
T中学         I中学
  21            16           一回戦(筆者注:一セット目)
 18             21           二回戦
    第三回戦に入る
選手より観衆の方が手に汗を握る程熱戦であった。20対19。サーブは敵側にあり不利な立場に追いやられた。一瞬両軍観衆の目は等しくサーバーのボールに集合した。やがてトスを上げた。純白なボールが鮮やかな弧線を描きいてとんできた。
 中衛に落ちるか?後衛ととんだ。後衛センターN君スライディング。彼はボ-ルにとびついたのだ。N君の早業に審判は判定を下すのを忘れた。審判はN君に”ボールをタッチしましたか”と質問した。我がチームの勝敗、君の言葉一つにあり、”タッチあり”と答えれば、タッチアウトで我が方が相手に一点取られ 、ゲームはジエンドである。
 ”タッチせづ”と答えれば試合は20対20でジュースとなり、どちらかのチームが二点先取するまで試合は、続行されるのである。 しかし、N君は”タッチした”と答えた。私達は「しまった。まずいことを言ってくれた。」と思ったが、万事休す!
 21対19でI中学の勝ちと判定されたのである。(筆者注:3セットマッチ)”ゲームは楽しむもの。”N君の態度は極めて立派だった。勇敢に戦い、実力を出し尽くして戦って破れたのだから悔いはないのである。「勝つためには手段を選ばず」ということは、昔の学校の悪いことである。ゲームは楽しむためのものであって、決して勝敗にこだわる必要はないのである。これは決して敗者の慰めでない。「惜しいな。余り正直すぎたね、あの選手は」等とN君の正直さを非難する声も場内には幾分あったけれども、私達は決してこの敗戦を悲しいとは思っていない。
 むしろ立派なスポーツマンを見出したことを誇りに思っている。試合に勝つことも大事でしょう。しかし、それ以上に大切なものがスポーツマンシップだと思っている。
                                                             -了-
                         ×××××

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチしてしまった(3)

読み終わって大変驚いた。実に立派な文章じゃないか。これが昭和20年代の中学三年生によるものなのか?と。あの試合は、凄く印象的な試合だった。不思議に今でも覚えている。タッチしたか否か?確かにタッチしていたのである。嘘偽りなくタッチしたのである。左に飛んで拾おうと思ったが、それてしまった。ほんの爪先の出来事だった。審判も判らないほど、或いは私だけしか判らなかった事柄かも知れなかった。
 私は、何ら臆することなく、”タッチしました。”と平然として右手を挙げて答えたのである。”タッチしない”と言えば、ジュース入りは百も承知。でも、タッチはタッチだ。自然にそう答えたのである。
 そうした態度を、スポーツマンシップに則った立派な一スポーツマンと評価してくれたA君って凄い人だと、今改めて感心する。残念だったろうが、人生で良い経験をしたと、サラッと言い抜ける人間って凄いし、そうなりたいもんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

私をまだ愛していますか(四の一)

葬儀案内状
 
柳澤健太郎が郵便受けから夕刊を取りだしたとき、一通の封書が足下に落ちた。拾い上げてみると、速達の葬儀案内状だった。誰だろう?と訝りながら見ると、「河合 裕恵」とあった。「えっ!」と絶句した。急いで書斎に入り、机上に案内状を置くなり、バスルームに急いだ。ジムから戻ったばかりの体には、汗がべっとり纏わり付いていたジムで温水シャワーを浴びてきたのに、自宅までの自転車でまた汗だ。冷却器を通ってくる冷水でシャワーを浴びた。爽快感が顔から全身にさっと広がり、生きている実感が沸く瞬間だった。仰向いた顔に冷水を浴びながら目を瞑り、「河合」の面影を追った。”そうか、彼奴死んだのか”
 グアムで買ってきたモスグリーンの厚手のタオルで体を拭きながら、書斎へ戻った。エアコンのスイッチを26度に設定し、椅子に腰を下ろした。
 「河合徳之儀 かねてより病気療養中の所、2月23日午前6時35分、神原病院にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深く謝し、謹んでご通知申し上げます。

                     記

 1.通夜 2月24日(土)午後8時~10時 2.告別式 2月25日(日)午後2時~4時 3.場所 天花葬儀場 井の沢線福田駅下車 徒歩5分 駐車場完備 
なお、誠に勝手ながら、ご供花・ご供物の儀は、堅くご辞退申し上げます。悪しからずご了承の程お願い申し上げます。
 奥津野市御蔵中町3-1-5 平成19年2月23日 喪主 河合 裕恵」
               
告別式
 柳澤は、告別式の開始時間より1時間半ほど早く着いた。大きな駐車場は、ほぼ満杯だった。受付で「この度はご愁傷さまです。御霊前にお供え下さい」と通り一遍の挨拶をし、香典を置き記帳を済ませると休憩室に入った。既に故人に縁の人々が大勢詰めかけていた。河合は定年退職後、5年ほどで亡くなっているので、会社関係者も可成りいた。柳澤の知り合いも弱冠いたが、目で挨拶する程度で、親しげに近くによって話をすることもなかった。在職時は部長だったが、退めてから付き合いをしないように心がけてきた結果のような気がする。「これで良いのだ。」と思った。
 河合とは同じ情報開発部に属し、幾多の最新鋭のプロジェクトを手がけた。中でも半導体自動製造装置の開発では、彼無くしては立ち上げることが出来なかった。兎に角優秀な人材で、彼を部下に持つことが出来て真実良かったと、今でもそう思っている。
 休憩所は、談笑したり、大声で笑い合ったり、元気だったか、など遠くから声を掛け合ったり、賑やかだった。静かに慎ましく、笑みを浮かべながら、女性達も談笑の群に混じっていた。喪服を着るとどの女性も、体の線がしなやかにスーと伸びて綺麗に見えた。
 一人渋茶をすすっていると、やがて係員の声がして、葬儀場へ移動するようにと促された。葬儀場は、間口3間半仕様の花祭壇で、豪華の中にも清楚に設えられ、季節の花がふんだんに奉られていた。祭壇際には親族の席が設けられ、祭壇に向かって参列者の椅子がびっしり並んでいた。ここだけで150人位はゆうに収納できるスペースがあった。入りきれない参列者のため、階下に別室が割り当てられ、大画面にテレビ中継で会場の様子が見られるようになっていた。
 最前列に近い席に座り、紫の数珠を手にしてお経を聴きながら、遺影を眺めていた。もう彼と別れてから何年になるだろうか、ロマンスグレーと縁なし眼鏡がよく似合うハンサムな男が半身に構え、少しはにかんだ顔つきをしていた。正面を見ている彼の目に触れると、少し後ろめたさを感じた。
 親族に目をやったとき、偶然にも河合夫人と目があった。はっとした様子だったが、会釈すると直ぐに神妙な顔つきに戻り、ハンカチを目頭に当てて顔を伏せた。しかし、明らかに動揺した様子が、横顔に現れているのをみた。柳澤にしか解らない陰だった。
 長い読経が終わり、やがて会葬者が係員に誘導されながら、順次お焼香を始めた。縁故者に一礼し、お焼香が終わると、もう一度縁故者に一礼して下がった。河合夫人に黙礼すると、ちらっと目をあけ、ついで深々と頭を下げた。こんな近くで彼女を見たのは、そう、定年退職前に会社を辞して以来、10年振りだろうか。あの時に比べ、容貌の綺麗さは、凄みを増しているように思えた。解れ髪一本乱すことなく、キリッと髪を整えている様が、心の張りを強く表現しているようだった。
 一通りお焼香が済み、読経のなか親族から手渡された一輪の花を遺体の周辺に供えた。頭部分に河合夫人がうな垂れ細く震えながらじっと佇んでいる。両の手をグッと握りしめ、悲しみに耐えている様子に胸が締め付けられる思いがして痛ましかった。家内が亡くなったとき、河合夫婦が参列してくれた時のことが、今、ハッキリ思い出された。顔がやっと見えるほど遺骸の周辺に花が供えられた。”それでは”と係員がおもむろに柩の蓋を閉じ、何人かの家族の手によって柩に最後の釘が打たれ、覗き窓が閉められると、しきりと周辺で嗚咽がわきあがった。(1/4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私をまだ愛していますか(四の二)

絶対死
 控室に戻り休んでいると、「これから火葬場に参ります。」の係員の誘導までかなり時間がかかった。日光が強く照らす中庭に、黒塗りの霊柩車と縁者を乗せる送迎バスが10台控えていた。乗るように促されたが、火葬場はそこからなだらかな螺旋状の坂を下った先にあるので、霊柩車とバスを見送ってから、送迎バスに乗れなかった人達とゆっくり歩いた。悲しみに包まれた重い空気に浸る気がしなかったのだ。
 火葬場の入り口は早くも長い行列が出来ていて、柳澤は後ろの方に付いて進んだ。入ると冷えた空気が流れすーと汗が引いた。かまどの正面の小卓には遺影、野位牌、香炉、燭台、四華花が置かれ、読経のなか一人ずつ最後の焼香が行われた。やがて、しずしずとかまどに柩が入れられ、分厚い扉が重々しく閉められた。河合夫人が突然堪えきれずに「あなたっ」と叫び大声を上げて泣き出した。友人達は彼女を前から抱きしめて必死に押さえた。わっとまた激しく泣き出し、泣き止まなかった。友人達も泣いた。柳澤はこの時これこそ死だと感じた。医者が死亡を告げたときが最初の死の訪れだとしたら、焼却は死そのものを絶対化しているのだ、とも思った。「1時間ほどお時間を戴くことになります。・・・・」の声が掛かっても、親族はなかなか立ち去ろうとしなかった。
 花壇と噴水を設えた庭に面したガラス張りの待合場の長椅子に腰を下ろし、季節の花が咲き誇る明るい庭を眺めていると気持ちもやや落ち着いてきた。暫くすると、「柳澤様」”と呼び掛ける女性の声が背中からした。ハッとして振り返ると、河合夫人だった。  深々と頭を下げ、「お久しゅうございます。お元気のこと何よりでございます。この度はお忙しいところ、遠路はるばるお越しいただき本当に有り難うございました。河合もさぞや喜んでいることと思います。」「長いことご無沙汰いたし申し訳ありませんでした。元気だとばかり思っていたのに、まさかこんなに早くなんて大変残念でなりません。」「亡くなる間際まで健さん、健さん、と何時もお噂申し上げておりましたのに、少しもいらして戴けませんでしたね。」「退職後、1、2回飲んだことがありました。思えばもうあの頃から具合が良くなかったんですね。」
 触れ合うばかりに隣に座った彼女から香水の匂いが仄かに漂ってきた。線香の匂いを消す為に僅かだが身に付けた香りを柳澤は鋭く嗅ぎ分けていた。独特の香りを放つあのRoseVagueだった。五感が覚えていた。俺が来ることが分かって、わざわざあの香水を付けてきたのか?「裕恵さん、ちょっといらして」の友人の声に、「失礼します。また後ほど」と忙しなく柳澤の元を足早に去って行った。ふっと溜息をついて深々と腰掛けなおした。また、静けさが戻ってきた。

散骨
 「柳澤さん。ご無沙汰しております。」見ると、福祉厚生会担当の鎌形だった。「こちらこそ。本当にお久しぶりで、その節は大変お世話になりっぱなしで。「いや、お互い様ですよ。」そう言って彼は煙草に火を付けた。「河合君の祭壇なかなか立派でしたね。それなりにかなりの費用がかかっています。そう言っては何ですが、お子も無く、残された者にとっては何かと葬式、お墓の諸費用は可成りの負担です。ご家族のお気持ちだから何とも言えませんが、これからの生活を考えると薄情のようですが、ごく形式的で安価にしませんとね。」今日の祭壇を見て彼なりに計算をしたのだろう。職務が職務だっただけに、その辺の事情に詳しい人だ。家内の葬式は鎌形に一切合切安心して任せ無事に済ませた程だった。
 彼の言うことは尤もだった。家内が亡くなったときは在職中だったし、地位も地位だったし、社長を初め幹部社員、取引先などの列席、家内の親族を考慮すれば、恥をかかないようにそれなりにしたものだった。葬儀場の選択も見得を切って名だたる所を選んだ。ある種の見栄といっても良かった。
 今、一人になってみると、自分の身一つの処理は自分なりに考えなければならない。どちらかというと、どうでも良かった。面倒なのではない。今更金を掛けて何になるのか。見送ってくれる家内もいないし、死んでしまえば世間も無いものだ。これまで漠然と考えてきたが、今日の葬式を見ていよいよ決心しなければと思った。”散骨にしよう。”なぜか、今の自分に一番ふさわしい身の処理の仕方だと思えてならなかった。
 そう言えば、勝新太郎、横山やすし、石原裕次郎やジョージ・ハリソンなど有名人がいた。以前は違法とされていたが、法務省が散骨について”節度をもって葬送の一つとして行なわれば違法ではない”とする見解が公式に明らかになった以後、年々増加している、といった新聞記事を読んだことがあった。このことがその後ずーと気持ちに引っかかっていたのが、今日の決断になったのだ。
 「鎌形君、鎌形君、」の声に、鎌形は煙草を灰皿に投げ入れるなり、急いで行ってしまった。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私をまだ愛していますか(四の三)

一人だけの葬儀
 時計を見ると、まだまだ時間が掛かりそうだった。何気なく中庭に目を移すと、遙か向こうの坂を一台の霊柩車がゆったり静かに下って来るのが目に入った。次の遺族がやって来たのだ。だが、妙だ! 霊柩車の後に普通なら続く筈の遺族や会葬者を乗せた送迎バスや車が一台も付いて来ていない。遅れているのではと後方を見やっても、矢張り追って来ない。奇妙だ、全く奇妙だ。なぜ?なぜなのだ! 柳澤の胸が激しく高鳴った。
 霊柩車が火葬場入り口に横付けになるや否や、ドアーが内側から勢いよく押し開けられ、喪服姿で黒縁の眼鏡を掛けた小太りの中年女性が花束と位牌を抱え、裾を乱しながらがっと降り立った。そして草履をばたつかせて小走りに霊柩車の後方に向かった。車から降りたのは、中年女性唯1人だけだった。後部では、待ち受けていた係員2人の手でハッチバックが大きく開け放れ、柩を手際よくトレイに乗せていた。彼女と2人の計3人は、急いで火葬場に入って行った。そこには、死者を敬い恐れる敬虔な雰囲気が何も感じられなかった。
 やがて、霊柩車はゆっくりと今降りてきた坂を上って行き、間もなく見えなくなった。中庭は、燦々と陽を浴びながら元の静けさに戻っていた。全てが一瞬の出来事だった。
 河合の葬式とは、余りにも対照的だ。唯の一人とは。有り得ないことだし、有ってはならないような気がして、柳澤は戸惑った。なぜ、戸惑ったか分からなかった。常識外の出来事を目の当たりにして驚愕したせいかもしれない。
 柳澤は周囲に気付かれないように、早足に火葬場へ向かった。今しなければならない大事な用を果たさねば、と思った。かまどは5基あって、河合のは、轟々と火炎の音を立てている。左端にある火葬室の前に柩が安置され、中年女性が白木の野位牌の前で香を焚き、手を合わせている姿があった。柳澤の存在に気づいた女性が、「何か?」と訝った。「いえ、何でもありませんが、お一人のご様子に仏様がさぞや寂しかろうと、差し出がましいのですが、よろしければお線香を手向けさせて戴ければと思いまして。」驚いた様子もなく、「さあ、どうぞ、」と体を引いてくれた。香炉にくべられた香からゆるゆると煙が立ち昇った。野位牌には「長浜 由岐美」と俗名が粗末に書かれていた。遺影は無かった。
 「失礼致しました。」頭を下げると、「有り難うございました。」と女性は素っ気なく返礼し、柩に寄って行った。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

私をまだ愛していますか(最終回)

砕けた骨壺
 係員の声に誘導され、かまどの前に会葬者が集まったのは、間もなくしてからだった。後方に付いた柳澤が骨を拾い骨壺に入れる頃には、おおかた片付けられていた。河合夫人は骨壺の脇に立ち、時折目頭を拭いじっと耐えながら、全員が終了するのを静かに待っていた。
 やがて、骨壺と共に最初の斎場に戻った。参列者の中には所用で中途退場した人もいて、空席が目立った。一通りお経が終わると、僧侶が参列者に向き直って、戒名の意義や、辛くて思い切り泣いた後は、故人を偲びつつも、死者をしっかり忘れてあげることこそ供養なのです。そうすることによってこそ、死者は幸せになるのです。そして遺された人達は、それぞれの人生をしっかり生き抜いて戴きたい、等の説教があり、最後に、河合夫人が会葬者へ丁寧にお礼をに述べた。その後、親戚や知人などが会葬者に挨拶したりして、込み合っていたことも有って、柳澤は遠くから手を合わせ、深々と頭を下げ、会場を去った。
 会場を後にするなり、周辺に悟られないように小走りに坂を下り、急いでかまどに取って返した。額からは大粒の汗が流れ、Yシャツの背がぐっしょり濡れていた。間に合えばいいが、そう念じながらかまどに行ったが、既に骨上げが終了した直後だった。その時だった。ギャッと叫び声が起き、ガシャンと鈍い音がした。骨壺が床に落ち、破片と焼骨が飛び散った。女性は抱えていた花束を卓上に投げるようにして置くなり拾い始めた。係員は会場をから消えたかと思う間もなく、新しい骨壺を抱えて息せき切って戻ってきた。もう一人の係員と女性とで焼骨だけを拾い集めた。柳澤は「私もお手伝いします。」と大声で言うなり、骨壺の破片と焼骨を分け、急いで新しい骨壺に収骨した。箸だけでなく、手でも拾い集めた。何としても早急にこの場を収拾しなければならないのだ。骨はザラザラしてどれも大きさの割には異様に軽かったし、暖かった。大きな骨だけ納めた後は、細かな骨類を係員が手箒で集め、別の容器にどんどん入れていった。
 短時間で終わった。女性は新しい骨壺と野位牌をしっかり左脇に抱え、右手に花束を持ってその場をどっと後にした。女性はチラッと柳澤を見やり、目を伏せながらそのまま素通りして行った。柳澤は、箒の目が新しく床に残っているのを見た。この時、床の隅に白い物が目に付いた。小指半分ほどの二つの焼骨だった。ズボンのポケットからハンカチをわざと落とし、拾う振りして素早くハンカチにくるみポケットにしまった。
  
逢いたい       
  四十九日までの中陰も過ぎ、忌も明けた。初七日も四十九日も内輪で法要を済ませたらしく、あえて柳澤に案内も無かったが、それはそれで良いのだと思った。
 数ヶ月後、柳澤は愛好者達とカメラ撮影会に出かけた。初夏の日差しも眩しく、撮影にはもってこいのカメラ日和だった。ガーデン内の洋食レストランで軽く昼食を撮り、残りの花壇の撮影に掛かったとき、携帯が鳴った。
 「健太郎さん?」「裕恵です。」「あっ!裕恵さん!」懐かしい声だった。「私たち逢えない理由なんてもうないわよね。今どこ?」「三ッ山光輝ガーデンです。これから3時間で行けます。」「いやっ!。待つだけなんてもういやっ!永いことずーと待っていたのよ。私も参ります。」柳澤はカメラを片手に駐車場へ飛んで走った。「おおーいっ、三脚忘れてるぞ!」友人の声は、今の柳澤には何も聞こえなかった。
 「今、雲見山インターです。健太郎さん、私をまだ愛していますか」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

飛べるじゃん!

 24時間営業のスーパーへPボトルを買いに、朝早く細い山道を下って行った。このところの猛暑で、買いだめていたお茶と真水のボトルがアッと言う間に底を突いたからだ。

 やっと人一人通れる道を、左右から草木が生い茂って塞いでいる。掻き分けながら進むと土道の真ん中に、一匹の油蝉が茶色の姿を横たえている。正確にはつんのめった格好で動かないでいる。もう9月末だというのに、まだ蝉がいるなんて思議なくらいだった。今年の暑さを物語っているような気がした。

 危うく潰す所だった。蟻もついて居なさそうなので、部屋に持ち帰ろうかと手を伸ばし掴もうとした瞬間、急にひっくり返って羽を激しくばたつかせた。仰向きながら必死に飛び立とうともがいたが、全く無駄だった。手に取ると、今度は千切れんばかりに思いっきり羽を動かす。”生きているじゃん”、浜弁がつい口に出た。”僅か7日の命か。雌は見つかったのか、上手くいったのか?その調子、その調子”訳もなく笑いが込み上げてきた。

 この分ならと空に放つと、林に向かって蛇行しながら勢いよく飛び去っていった。全盛期の頃を偲ばせる力強さで一目散に消えていった。”飛べるじゃん!”行方を追ったが、むろん分からない。ただ、深い森が有るだけだった。

 麓に駐輪しているバイクを駆って、スーパーへ飛んだ。陽が昇り、じりじり暑さが戻ってきた。2Lとは別に350mlのボトルをその場で一気に飲み干し、元気を付けて戻った。駐輪場にバイクを置き、再び山道をとって返した。

 同じ場所で、同じポーズでつんのめっている油蝉を見つけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

グアムそのⅡ

グアムの治安状況

日本に比べて悪くはないが、もちろん全く無いわけではない。で、以下の事に注意すればトラブルはグーンと減って楽しいグアムライフをエンジョイできる。

1.深夜早朝の外出は避けよう

2.パスポートや貴重品は出来るだけ持ち歩かない。ハンドバックを引ったくられないよう  体の前で持ち歩くようにしよう。

3.夜、明るいところを歩こう。

4.特に女性はローカル(地元住民)の誘いに簡単に付いていかないようにする。(トラブルの大半はこのケースが多く、後を絶たない。日本女性は可愛いので、心配だ)

小動物

代表はヤモリだ。至る所にいて”ゲッコー”と呼ばれ、赤いトロリーバスの人気キャラクターになったりしている。毒も害もなく、攻撃性もないので安心。

マナー

日本人のマナーの良さ、礼儀正しさは評判だ。しかし、全部が全部ではない。特に一部の若い女性がビーチ以外で、例えば道路でも水着姿で歩いている姿がよく見受けられたりする。暑さと外国だからとつい気を許しがちだ。目のやり場に困る。せめてTシャツを上から羽織るくらいはしよう。それとビール片手にふらふら歩く若い男子。どれもついつい開放的になったりするが、見た目にも格好悪い。ここグアムは非常に喫煙率が高いところから、吸い殻のポイ捨てが多く見られる。最近、公共の場での禁煙化が進んでいるので、要注意だ。

夜食事に出かけるときの服装だが、普通のレストランならカジュアルOK。だが、ホテル内などの高級レストランなら襟付きシャツ(ポロシャツ良し)に長いズボン、サンダルでなく、靴を履こう。夕方は結構凌ぎやすいので、ポロシャツなどは苦にならない。

以上が基本的な情報だが、兎に角グアムは風光明媚な島。澄んだ青空、綺麗な海。こんど、ダイビングして、熱帯魚と遊ぼうかな。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

グアム

グアムに着いたぞ!

 !暑!!あつ!アツ!Atsu!32度だ

 成田空港を3時間20分前に立ってもうこの暑さだ。東京は8度とか。日本から一番近い熱帯島に来てしまったのだ。グアム空港を出た途端、熱風にさらされた。急ぎロビーに引き返し、上着を脱ぎ、シャツを脱ぎして、用意して来たTシャツ一枚になる。半ズボンに成りたかったが、それは出来なかった。澄み切った青空がいい、ずっとずっと上に張り付いている白い雲がいい。暑いっていいなぁ!この暑さが堪らなく好きでグアムに来たのだ。
 ホテルロードを通ってリーフホテルに着く。4年前に比べてホテルが増えた。(で、この通りを”ホテルロード”と呼ぶらしい)。様々な店が左右に軒を並べているのに驚く。観光客向けの店だらけだ。それというのも観光客の80%が日本人だ。英語に併記して日本語が氾濫しているのも分かる。最近ではハングル文字が増えていることから、韓国からの観光客も増加しているようだ。中国語も増加傾向だ。

 これから1週間、此の熱気に身を焼くのが楽しみだ。
グアムとは最長78㌔、幅23㌔、10㌔からなる島で”足の裏”の形をしていて、人口は約16万人。乾季と雨季がある。8月から10月が台風シーズン。平均気温約33度。

ここで簡単にチャモロおじさんに、グアム基本情報を聞いてみよう(weekly guam shinbun:無料、ホテル、ショッピングモール、ショッピングバスなどに置かれている。日本語だ)。

多数の人種、民族が一緒に暮らしている島。先住民族チャモロ人、フィリッピン人、アジア各国、ミクロネシア諸島から多くの人がやって来る。チャモロ、フィリッピン、ミクロネシアン人の区別がなかなか付きにくい。現地の人も日本人、韓国人、中国人などの区別が付かないのと一緒。

観光が一番の産業で、特に約80%以上を占める日本人観光客は、この国には大切なお客さんだ。勿論、政府も観光局も韓国や中国のマーケットにも力を入れている。自然豊かだが、漁業や農業はあまり盛んでなく、もったいない話しだ。朝市など行けば、それなりの魚や野菜が売られてはいるが。

グアムの言葉だが、チャモロ語はグアムの公用語の一つだが、年々話せる人が少なくなっている。もう一つの公用語は英語だ。若い人は綺麗な英語を流暢に話す。一説によると、人口の半分はフィリッピン系だそうだ。

「ハファデイ(こんにちは)」、「シジュウスマウセ(ありがとう)」等はぜひ使いって見たいところだ。スペイン統治時代の名残から、「アディオス(さようなら)」、「アミーゴ(友達)」なども使える。メキシコへ旅行したとき、よーく使った。ただ、残念なことには「ムイカーロ(高い:買い物時)を使うチャンスがなく、英語を使ってしまった。今度やってみよう。通じるかどうかは判らないが。

グアムで一番すぐ気が付くことは、非常にフレンドリーだと言うことだ。男女とも目が合えば微笑み返してくる。だから、グアムに行ったら、思いっきり笑顔を返すようにしよう。すごーく気分がいい。初日から浮き浮きしてくること間違いない。それに比べて日本人の何とムスットしていることか、悲しくなるほどだ。でも、帰国しても暫くは笑顔が普通になること請けあい。数回往復すれば、間違いなくチャモロ人だ。(^o^)

生活がゆったりした感じ。約束してもまず時間通りに現れることは殆どないし、そもそも約束したことも忘れてしまう人もザラだ。政府主催のイベントでもそうだからびっくり。でも、これに馴れなきゃね。それにスーパーのレジで長い行列が出来ているのに、店員とお客さんとペチャクチャしゃべんるなんてごく普通。キッチリしたサービスに馴れている日本人には苦痛だ。でも待っているお客さんも別に怒ったりしない。並んでいる人と顔を合わせて困った顔を私がしても、仕方ないさ、見たいにニコッと微笑み返してくる。滞在中はこののんびりしたアイランドスタイルに馴れなくっちゃ暮らせないぜ。

この次は、「グアムの治安」、「グアムのマナー」などを書くつもり。もっと書き込みしたいが、約束に遅れそうなので後でする。やっぱり此処は日本。約束は守らなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

ある年末

 友人が教鞭をとっている小学校で、ある事件が起きた。教え子が年内に引っ越しを強制されているという。家賃を半年分滞納しているためだ。学校中が大騒ぎになった。
 9人家族。20歳を頭に下は3歳。小学校に6年生を含めて3人通っているとか。こういう家の子に限って、どの子も実に可愛い子ばっかりだった、と友人はため息をついた。父も長男も失業中で、母が1人パートで働いている。このままでは、全員路頭に迷ってしまいそうだ。
 役所も動いたが、公営住宅の入居条件は、税金を滞納していないことが絶対条件らしい。大家が鍵を取り替えると言ってきていて、事態は切迫している。
 幸い父親が一週間前に仕事に就いたらしく、給料を前借りしてなんとか凌いだそうだが、1月9日まで延ばすのが精一杯らしかった。

 街にはジングルベルが鳴り、街灯にはイルミネーションが色とりどりに点滅。夜目にもまばゆく飾りたてている家さえある。その一方で、眉をひそめ、小さな肩を寄せ合って震えているいる家族が居る。

 私が中1の時、箱根に遠足があった。が、クラスで私1人参加出来なかった。級長だった私が行かないのを訝しがった先生が、事情を聞いて旅費を出して呉れた。母しか働いていなかったので、お金を言い出せなかったのだ。あの時はホントに嬉しかった。お金に手紙が添えてあって、”元気出して。これでみんなと一緒に行きなさい。....”親友と一緒に号泣した。人の情けが有り難く身にしみた瞬間だった。今日の私に少なからぬ影響があった事は確かのようだ。

 友人の話を聞いたとき、私の辛かった過去が何故か重なりあって想い出された。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

クリーニング屋、猿男そして子供

 スーパーの地下にあるカフェテリアに腰を下ろした。正面に、マクドナルド、隣にクリーニング店がある。チーズバーガー2個とスーパーで買ったPボトルのお茶で、軽い昼食をとった。周囲の椅子にはおばさんが一人、おじさんが一人、それにチョット身なりの良くない蒼い顔した青年が、それぞれチーズバーガー、野菜バーガー2個とコーラを食べている。これ2個で200円だ。「おんなじだな」と思った。

 男の老人が、クリーニング屋のカウンターにゆっくり近づくのが見えた。握りしめた紙片を中年の女性店員に静かに渡した。店員は紙片を見ながら奥へ消えたかと思う間もなく、ビニール袋を持って素早く現れた。男は、ビニールをむしり取るように破るなりYシャツを取り出し、おもむろにカウンター上に広げた。そして、コート、ジャケットを脱ぎ、長袖とベスト姿になった。次いでズボンのベルトを外した。

 Yシャツを着込み、ボウタイを首に巻き付け、ズボンに押し込めベルトを直し始めた。その時だ。2~3歳ぐらいの男の子が歩み寄ると、男のズボンを握り、仰ぐように見上げた。男は驚いた様子もなく見下ろした。猿のような赤い斑点をした顔だった。二人はじっと見つめ合っていた。時間が張り付いたように、男も子供も動かなかった。「としちゃん。行くわよ。」お母さんの声に振り返り、とことこ歩み去っていった。

 男はジャケットとコートを着直すと、襟元を直しながらなにやら店員に、照れ笑いしながら一言二言話しかけた。店員は、男のコートの襟に触れ笑顔を作りながら、良くお似合いですよ、離れていたが確かにそう言ったように見えた。男は満足した様子で、バッグを背負うと、大股で急いで歩き去っていった。

 隣には、いつの間にか女学生達が集まり、笑ったり、おしゃべりしたり、携帯をかけたり、ざわめいて賑やかだった。

 突然、ドサッという音がした。音の方に目をやると、クリーニング屋の店員が倒れたのだ。椅子をけって急いで駆け寄り、助け起こした。真っ青な顔。右手を挙げ、人差し指を力無く伸ばしながら何やら指さしている。その先に目をやると、カフェテリアの角にさっきの男が振り返って立っていた。ニタッと両頬をつり上げ歯をむき出し、真っ赤な顔で険しい目つきをしていた。猿だ。やっぱり猿だった。猿は踵を返すなりサッと逃げていった。

 その顔を見た店員は、怖ろしさのあまり卒倒したのだ。店員を人に預け、猿の後を追った。猿はエスカレーターを2~3段ピョイピョイ跳びはねながら、音もなく逆上して逃げていく。階下には猿が履いていた革靴が、ちりぢりに転がった。親は子供を抱え、女達の悲鳴が響き店内は騒然となった。やっと一階に駆け上がり、駐車場に出たが、すでに猿の姿はそこに無かった。

 辺りを見ると、バッグとコートが落ちていた。更にジャケットもベストも。ベルトが蛇のように長く横たわり、そしてズボンが、連なって落ちている。それを辿っていくとスーパーの裏手の森へと向かっていた。遺留品を集めたが、なぜかYシャツが何処にも見つからなかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

チッタ歯科医院-1

歯が痛い
 「困ったなぁ」とヤイバシムは、顔をしかめた。歯がまた痛み出したのである。「困ったなぁ」と思ったのは、痛み出した歯のことだけではない。あのときの光景が再びよみがえったのである。それまで、歯医者にかからなかったことが、ヤイバシムの自慢の種もであった。人がうらやましがるのが、内心少しばかり得意でもあった。Photo_13 食事の後はもちろんのこと、風呂にはいると必ず磨いていたし、外で食事をしても気づかれないように磨いている。
 彼は歯を丈夫にする決め手は、食事にあると考えている。なによりもカルシュウムを沢山含んだ野菜を欠かさずとっているし、牛乳も出来るだけ多く飲むように心がけている。人に秘訣を聞かれても、食事のことをいちいち説明するのも面倒なので、「まあ、根気よく磨くことでしょうか、それに、歯の丈夫な子を産んでくれた母親の贈り物でしょう」などと軽く受け流していた。
 その彼が今、歯が痛いのである。同時に、あの医者に行くのか・・・と思うだけでも心が痛む思いがする。柳澤町には、歯科医院が2軒しかない。チッタ歯科医院は歩いて5分ほどの近いところなので、初めての時は、痛さのあまり飛び込んだのがこのチッタ歯科医院だったのである。それが何とも言い難い医院だった。

チッタ先生
 小さな木造平屋で、門から細い植え込みの間を飛び石づたいに少し入った所に入り口があった。ドアを開けると、風鈴のようなチリン・チリンとかすかな音が響いた。スリッパに履き替え、もう一つのドアーを開けた。ハッとした。内部はすべてピンクのペンキで塗られていた。廊下から床、壁、天井、窓枠などあらゆるものが、濃いピンク一色だ。突然、「いらっしゃいまーーーせっ」甲高い声がして、小さな窓から受付係が顔を出した。看護衣までがピンクだ。私を見るなり、ニット笑った。歯もピンクだ。上歯の方が濃い目。「いらっしゃいまーーーせっ」ともう一度言った後、「虫歯ですねッ」と笑った。診察もしないの、しかも受付係なのに、なぜ虫歯と断定するのか?と不思議に思った。キッと私の右頬がふくらんでいたせいかもしれない。 「はあ」といいながら、健康保険証を差し出した。「まあ、よーーPhoto_10 ーくぞいらっしゃいまーーーした」変なところで言葉を伸ばす癖があるらしい。
 「チッタさーーーん、チッタさーーーん」と内に向かって大きな声を張りあげた。「はああーーーい」の声とともに、蚊トンボのようなほっそりした女の人が急ぎ現れた。壁と同じピンクの診察着。どうやらこの人が先生のようだ。それなのに、「先生」と呼ばずにいるのが変だ。私を見るなり、「よーこそいらっしゃいまーーーした」と深々と頭を下げた。この先生も伸ばす癖があるらしい。あまりの丁寧な挨拶に驚いて、思わずつられて先生より深々と頭を下げてしまった。その時見たスリッパも靴下もみーんなピンクだ。おもむろに顔を上げ先生の顔をまじまじと見てびっくりした。先生の目が、先生の目が、なんとピンクなのである。「ホホホッ、驚いた?コンタクトなの。ホホホーーーのホッ」(あの癖がまたでたぞ!)小さく開けた唇の奥に見えた歯もピンクだ。この調子だと、体中がピンク色一色に染まってしまいそうだ。どうしよう?どうしよう?先生は、私の手を強く取って「さあーーーいらっしゃーーーいいいい」と言いながら診察室に連れて行かれた
。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チッタ歯科医院-2

夕焼け
 並んだ3台の診察台は、どれもピンク色だ。診察台の前は大きな窓になっていて、夕日が赤々と私を照らし出していた。久しぶりにみた夕日が一際眩しく美しかった。「よくいらしゃいまーーーした」の声にハッとして振り返ると、先生がのぞき込んできた。「先生、予約なしに突然診察をお願いしてすいません。何しろ痛くて我慢が出来なかったものですから。」「よくぞいらしゃいまーーーした。いつかは来ていただけると思ってPhoto_9 いたわ。不思議ね」 前から私を知っていたかの様子だ。「さあ、お口を開けてーーー。まあー、まあー、なんてお美しいお歯だちだこと。ホッホッホッホッ。」
 歯全体に水を勢いよくかけると、ひどい痛みが走った。「イタッ!先生。」「虫歯ね、それも3本あるわよ。よかったわ」と言ってすごくうれしそうな顔をした。なんだか久しぶりに懐かしい友達に会ったみたいだった。「ダヤンちゃーーーん。これが虫歯よ」「ホント、ホント。チッタさん、良かったわね」(さっきの受付嬢は、どうやらダヤンちゃんと呼ぶらしい)見ると、ダヤンちゃんは泣いているようだった。それから先生は、「ヤイバシムちゃん!(なれなれしく、ちゃん付けで呼ぶなよ。) 磨きすぎよ、磨・き・す・ぎ。これでは歯茎が可哀想だわ。」先生はほんとに悲しそうに眉を寄せていた。なんだか、先生に悪いことをしたような気がしてきた。「一本だけ直して置くわ。一本だーーーけよっ。他は、痛み止めをしてっと・・・。どう、痛くなくなったでしょう?ホッホッホッ」ホホホホッとダヤンちゃんも笑った。私もつられてフフフッと笑ってしまった。

ピンクの息がフー
 治療費が思ったより安かったので、何だかいっぱい得したような気がして、思わずスキップを踏みながら帰った。これでまた、おいしいものがいっぱい食べられるぞ!ステーキがいいか?日頃行きたいと思っていたあの高級寿司屋でも行こっかな?と楽しく浮き浮きしていると、急に頭がぐらぐらして倒れてしまった。
 その拍子に、溜まり水にポチャンと落ち洋服が泥だらけになってしまった。やっとの思いで家にたどり着き、シャワーを浴び急いで姿見の前で浴衣に着替えた。気分が良くなって口笛を吹くと、フーッとピンクの息が漏れた。薄かったが確か一瞬ピンクのような息が出た。おやっと思って、今度は大きく強い息を出した。しかし、それっきりだった。何回やっても同じだった。気のせいだったんだと自分に言い聞かせた。

2回目の治療
 予約した日に行くと、「ホントに、来てくださったーーーのねっ。うれしいわっ。心配していたのよーーー。さあ、さあ、早く、早く。ダヤンちゃんも来ーーーて。」シッタ先生は子供のようにはしゃぎながら、勢いつけて私の手を引き診察室に入った。
  「やっぱり一本だけ治療しておくわよっ。後は残しておくのよったらーーー。」(治療するのに、残しておくはないだろうに)さっきの麻酔が効いてきたのか、(後一本だけか、なんかもったいないような気がするなーーーぁ。おっ、俺まで変な調子になってきたぞ。まあ、いいか)などと思っている内に、いつの間にか眠ってしまったらしい。
  ふと目が覚め、ぼんやり上を見ると、鮮やかなピンク色した天井が目に入った。起こしてくれれば良かったのに、と思いながら身を起こしてあたりを見回すと、そこは診察室ではなく、自分の部屋だった。
 あの日以来、ピンク色が妙に気になりだしていた。ピンク色以外の色が薄汚れて見え、夜も昼も落ち着かなくなってしまった。電車も駅も道路もそして空さえどうしてピンク色じゃないのかな、などと考えたりした。だから、玄関のドアー、部屋の天井から壁、そして家具まで全部ピンク色一色に塗り替えると、やっと気が晴れ晴れした。ペンキ屋が「これでいいんですか?」と訝ったが、「いいんだよ、これでーーーっ」と得意顔で答えた。だから目を覚ましてピンクの天井を見ても驚かなかったのである。その上、いつの間にか、自分の部屋に戻って来ているのさえ、少しも不思議に思わなかったし、いや、むしろ当然のことのように思うようになっていた。
 1 ようやく最後の一本の治療が終わった日、「もう、これでお会いでーーーきないのかしらーーー、なんて思うと・・・」と言ってチッタ先生は、ピンクのハンカチで何回も何回も目頭を押さえていた。ダヤンちゃんは、ピンクの机に顔を伏せピンクの肩を震わせていた。なんだか僕も悲しくなって、思わず「きっとまた来ーーーます」と言ってしまった。ほんとに心からそう思ったのである。

また痛くなったぞ
 
痛み始めてきた。いよいよ痛み始めてきたのである。痛いけど嬉しい気がした。あれから25日過ぎていた。カレンダーにしっかり大きくピンクで二重丸を付けていたので、間違えるはずがない。ヤイバシムは笑っている。鏡を見ながら笑っている。痛いのに笑っている。嬉しいのと痛いのと混じった顔で笑っている。ゆがんだ顔で笑っている。「ブブブブブーーーーッ」。周りを見回したが、だーれもいない。今度は、「ウハハハハッハ、ウハハハハッハ、ウハハハハッハッ」と大声を張りあげて笑った。心の底から笑った。開いた口から剥げかかったピンク色した歯が見えた。

再会が
 同窓会があるので、久しぶりに彼奴に会って酒でも飲み、カラオケで歌いながら、つっつき合った女達の昔話でもしようか、などと思いながらイイコッカがヤイバシムに電話をしたのは、大学を出てから23年たったある日のことであった。Photo_11
 何回電話しても留守だ。日が迫っていることもあって、出張のついでに寄ってみることにした。昔と住所は同じだったが、駅からヤイバシムの家までの町並みは、さすがにすっかり変わっていた。 当時は、田圃のあぜ道で靴を汚しながら訪ねたものだった。しかし、今は、ピンク色した舗装道路が長く真っ直ぐ延びている。面白い道路もあるものだ、などと思いながら歩いていった。
 角のタバコ屋は、昔のままだった。だが、いくら探しても肝心の彼の家がない。そんなことは無いはずだが、と考えながらタバコ屋に戻って聞いてみると、「ほら、あそこ、あそこ、そら、直ぐ前のあそこだよ。」と老婆はピンクのマニキュアをした指で遠い先をさした。指さす方を見た。塀から屋根から全てピンクで塗り固めたひときわ目立つ家が、ぽつんとそこにあった。咲いている桜もピンクで塗ったのではないかと、錯覚を起こすほどであった。「あのピンクの家ですか?」「そうだーよ」。イイコッカの歩き出した後ろ姿を見て、老婆はニッと笑った。笑った老婆の入歯が薄いピンク色をしていた。

 呼び鈴を鳴らしたが、応答がなかった。見ると、ドアーに張り紙がしてあった。”やあ、久しぶり。元気かい、イイコッカ君。いまチッタ歯科医院にいま~す”と、地図を書いたピンクの用紙に走り書きがしてあった。なぜ、今日、俺が来るのが判ったのか、知らせてもいないのに。「うむっ」。
 Photo_12 チッタ歯科医院は、すぐわかった。門、飛び石、果ては植え込みの木々の幹や葉までが全てピンクだ。これはすごいと思った。俺の目がピンクになりそうだ。不安になってきた。背広がピンク色に映えて、色変わりして見えた。呼び鈴を押すと、「ハーイ、ただいーーーまっ」と甲高い声がしたかと思うと、ドアーがさっと開いた。ピンクのスリッパ、靴下、診察着、顔、髪の毛、そして、目まで染まっていた。ヤイバシムだ!「よーくいらしゃまーーーした」。

      「あっ! おまえぇ! おまえぇ!!」
                                          

                               1999.10.26 孫たち向けに創作: tosi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

格安インターネット接続料金とよもやま話

11月17日、地元KCCから技術者が2名来宅、早速工事開始。ものの1時間足らずで完了。接続は、私自身がマニュアル通りに設定。これも直ぐさま終了。

11月20日、ybbに契約解除と銀行振り落とし停止手続きも全て終わる。

料金は、ybbが3,282円(IP電話不使用)に対してKCCが1,995円。これまでybbでのメール容量が2Gだったのが1Gと半分に。チェックしてみると、1Gの4%しか使用していない。結構メールのやり取りをしたり、様々な会社からバンバン来るメールを合わせてもこの調子。

インターネット時代、情報を上手く利用すると金銭的に得したりする。逆に損したり、買い物チャンネルで余計な物をついつい購入してしまったりする。しかし、過去を見ても概ね間違った利用はしてこなかったような気がする。

様々な情報を得る過程で感心することは、よくも此処まで資料を作成し、提供してくれるものだとその親切さに感謝するばかり。それが殆ど無料と来てる。PCの前にでんと座り、お茶したりしながら、あらゆる情報を取得したり、友人間ではメールをPCや携帯に流す。海外の子供達へは、もうメールが欠かせない。

友人などに時たまする電話がなぜか新鮮。メールだと云いたいことがズバリ言えるし、イヤなことも顔を見ずに済ますことも出来る。繋がらなくても、送信しておけば後で開き、返信が来る。だが、顔を見ず流れる文字群を追っていると、何故か何故か、虚しくなるのは単なるノスタルジーか?笑ったり、泣いたり、怒ったり、喧嘩したりが、文字では表現できない。これでは人間関係が冷え込むかとも思えるが、これはこれでまた別のとやかく言えない人間関係が出来ているのだ。評論家はいろいろ定義づけたいだろうが、これはこれで世間っていうもの何だろう。

こうしたことが当たり前の世界の中で、新しい文化や道徳が生じてくるのだろう。それを今私たちが作っているとも言えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

ポール・モ-リア

ポール・モーリア(Paul Mauriat)が亡くなった。2006.11.03急性白血病がもとでフランスで死亡。81歳。1925.03.04フランス南部のマルセイユに生まれる。

彼の曲であるのを知ったのは、「オリーブの首飾り」だった。この曲は松旭斎すみえがマジックショウの際に流したところ、手品のBGMとして有名になった。マギー司郎らのプロを始め、素人も含めて旋律を歌いながらする人が多かった。その他、ストリップショウで定番の曲としても広く普及した。

”一家に一枚”的なイージーリスニングと呼ばれる大衆的な芸術レベルまで高めた功績は大きい。自身の作曲は少ないが、別の楽曲を巧みにアレンジし、際だたせる才能を遺憾なく発揮。

彼の作品は何と言っても「恋はみずいろ」だ。世界で500万枚を売り上げている。その他、「エーゲ海の真珠」「蒼いノックターン」「そよ風のメヌエット」「天使のセレナード」や「涙のトッカータ」などが有名。ピアノ演奏のほかラテンミュージックなど幅広く手がけ、大勢のフアンが生まれている。

死んで思い出すのも不躾だが、彼のCDが手元に無いことに気づいた。幸い親しい人から借りるので、秋の夜長にじっくり聴いてみたい。渋めの紅茶をすすりながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

自転車事故

それは暗い夕方6時頃に起きた。スーパーの近くの歩道を走っていた自転車の横っ腹に、もう一台の自転車が衝突したのだった。当てられた自転車には中学生位の男子が乗り、当てた自転車は70ぐらいの年輩のご婦人だった。当てた方は横倒しになり、野菜や雑貨の入ったビニール袋が何個か荷台から勢いよく歩道に転がって走った。当てられた自転車は、何ごともなかったかのように止まった。学生の自転車が目前に迫っているのに、ブレーキが間に合わなかったのだろうか。老婦人は、あああ・・と言いながら、そのままドンって,ありがちだが。

丁度、駐輪場からバイクを押しながら出ていった私の眼前で起きた。直ぐさまバイクを置き、飛んで行ってご婦人を抱きかかえた。が、抱き起こせないのだ。重過ぎるのだ。背から体に手を回してもとどかない。寒い時期でもあったので、着ぶくれしているようだ。半身起こすのが精一杯だった。いいですぅ、いいですぅ、とご婦人は恥ずかしがりながら自力で起きあがろうともがいた。やっと起き上がったので、自転車を立て直してあげ、荷物を積み直すと押しながら姿を消した。外観からは怪我の程度は全く不明。打ち身でも無ければいいが。

時間が掛かり過ぎたように思えたが、多分、全ては一瞬だったのだろう。

このときふと感じたのだが、誰~れも手助けしようとしないのだ。買い物の時間帯だったので大勢いたが、只見守っているばかりだった。もとより当てにはしていなかったが、寂しいものを感じた。大怪我だったら様子は違っていたかも知れない。大方、世の中ってこんなものなのだろう。

失敗したのは、関係者である中学生を巻き込んで、手助けさせるべきだったのだ。ただ、ぼーと立ちすくむ子に、もう大丈夫だからと安心させて立ち去らせてしまった、妙な大人芸に後悔する。すいません、大丈夫ですか?と寄って来るべきだったし、そうさせるのが大人なのにだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«くちずさむ 55/100首